第77回七夕賞を7月7日に開催できるようにする“プロジェクト”/矢野吉彦

拡大画像を見る

【矢野吉彦=コラム「競馬最前線」】

◆七夕賞を福島の開幕週にやってくれれば…

 今週11日は七夕賞。それにちなんで、『週刊競馬ブック』7月5日発行号の「サマー重賞メモリーズ」に、1997年、マイネルブリッジが勝った時の話を書きました。

 そして、その最後でこんなことをご紹介したのです。

「七夕賞がこのまま順調に回を重ねていくと、20年後の2041年に77回目を迎える。その年の7月7日は日曜日。(七夕賞の)開催日は決まったようなものだ!」

 記事を書いているうちに、ひょっとしたらと思って調べてみたら、予感が当たっちゃいました。77回目の七夕賞なら、7月7日にやるしかないでしょう?

 でも、そうなると1つ問題が発生します。20年後も今と同じ“競馬カレンダー”だった場合、七夕賞が行われる夏の福島第2週の日曜日は7月14日になってしまうのです。

 このところ、中央競馬は6月最終週まで東京と阪神で開催し、夏の福島は7月第1週から第3週まで行うのが通例になりました。

 ということは、その開幕週に七夕賞を実施しない限り、7月7日にそれが行われることはないわけです。

 かつてこのレースは夏の福島の掉尾を飾るレースとして定着していました。それが日程の都合で7月第2週に行われるようになったため、7月7日の七夕と重なることがなくなっただけでなく、開催を締めくくる名物レースとして実施されることもなくなりました。なんとも中途半端な“立ち位置”になっちゃったなぁ、と思うんですけど…。

「そんなこと、どうでもいいじゃないか」という方もいらっしゃるでしょうが、私としてはもったいないような気がしてなりません。

 いっそのこと、七夕賞を夏の福島の開幕週に開催してはいかがでしょう?そうすると、何年か1回には7月7日と重なるはずです。

 さらに、次週に行われる函館記念(と中京記念)との間に1週挟まることになり、七夕賞から函館記念への転戦も、いくらかしやすくなると思うのです。

 鳴尾記念から中3週、エプソムCから中2週で七夕賞、それから中1週で函館記念(と中京記念)なら、悪くないスケジュールですよね?

 七夕賞に宝塚記念から中1週で出走してくる馬は少ない(今年は1頭もいません)でしょうから、その開催を1週早めてもメンバー構成が大きく変わることはなさそうです。

 20年後の第77回七夕賞を7月7日に開催できるようにする“プロジェクト”。ご賛同いただければ幸いです。

 ところで、七夕賞で必ず7-7の枠連を買っている方はいらっしゃいますか?

 実は、重賞になってからのこのレースで枠連が7-7になったのはたった1回だけ。1986年、13頭立てで行われた第22回七夕賞が、1着11番サクラトウコウ、2着10番ダイヤモンドラーンでそうなりました。次に7-7の枠連が出現するのはいつになるんでしょうねぇ?

【関連記事】




  • 7/10 12:00
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます