“YouTuber31人宴会”ヘラヘラ三銃士、謝罪動画についても陳謝 招待を受けた人物も説明

【モデルプレス=2021/07/10】女性YouTuberグループ・ヘラヘラ三銃士が9日、YouTubeチャンネルを更新。連日報道されているYouTuber同士の31人の宴会にメンバーのさおりんが参加していたことを受け、改めて3人で謝罪した。

◆ヘラヘラ三銃士、騒動受け改めて謝罪

さおりんは「緊急事態宣言下の中で大勢の飲み会に参加し多くの方を不快にさせてしまい大変申し訳ありませんでした」と謝罪。

続けて、その後「謝罪動画」として投稿した、コレコレによるYouTuberの炎上をテーマとした楽曲「炎上パンチ」をさおりんが歌唱する動画を投稿したことについても「深く責任を感じております」と頭を下げた。

◆さおりん、宴会参加のきっかけ・会計に言及

続けて、さおりんが同宴会に参加することとなった経緯を説明。

さおりんは、既に他の参加者から誘われていたYouTuber・JJコンビのジローから宴会の1週間前に開催の知らせを聞いたとし、その後当日にJJコンビと3人で撮影を行った後ジョージは帰宅し、ジローとさおりんの2人で会場に向かったと明かした。また、宴会は会費制であったため店に入る前に支払いを済ませていたという。

◆ありしゃん「謝罪動画」投稿までの経緯明かす

さらに、ありしゃんの企画によって投稿したというさおりんの「謝罪動画」についても説明。

ありしゃんは同動画について「メンバーそれぞれの“歌ってみた動画”として出そうと思い、4月の時点で歌録りを終えており、ストックとして持っている状態でした」と今回のために撮影したものではないことを明かし「緊急事態宣言下での今回のような行動は良くないことだという認識はありましたが、私達は日頃からYouTubeで楽しい動画を作ろうという意識で動画作りをしているため、その判断が悪い方に働いてしまいました」と投稿までの経緯を語り、詫びた。

◆まりな、騒動受けバーのプロデューサーを辞退

さらに、まりながプロデュースするバー「MTG」は、企業と協業し運営していたといい、今回の騒動を受けまりなはプロデュース業を辞退することとなったと報告。まりなは「楽しみにしてくださっていた方々を裏切るような形になってしまい本当に申し訳ありません」と謝罪した。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 7/10 11:04
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます