戸田恵梨香&永野芽郁「ハコヅメ」での凸凹コンビぶりに期待値爆上がり

拡大画像を見る

 戸田恵梨香と永野芽郁によるW主演新ドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」(日本テレビ系)が7月7日にスタートし、平均視聴率は11.3%だった。

 同作は、町山警察署刑事課捜査一係のエース刑事だった藤聖子(戸田)が、パワハラ疑惑で地域課の町山交番勤務に飛ばされる。そこには、安定収入だけを望んで、たまたま警察官になった新任の川合麻依(永野)がいて、藤が指導することになった。

 藤の同期で捜一の刑事・源誠二(三浦翔平)。その相棒・山田武志(山田裕貴)。町山交番所長・伊賀崎秀一はムロツヨシが務める。

 原作は、元警察官の漫画家・泰三子氏によるもので、リアルな警察官の姿が描かれている。

 視聴者の感想としては「期待以上だった。キリッとした戸田とゆる~いムロの掛け合いが絶妙。永野のドジっぷりも楽しいし、いちいち差し込む小ネタのセンスが抜群で思わず笑ってしまう」「予想外に面白かった。変に斜に構えるところがなくて、ストレートでわかりやすい内容で好感が持てました」「ほのぼの出来る警察ドラマ、いいですね!」など、好評だ。

「戸田とムロは『大恋愛~僕を忘れる君と』(TBS系)以来の共演ですが、その作品を引きずることなく今作の演技を楽しめるのは、やはり演技力の高さだと思いました」(テレビ誌ライター)

 藤と川合の凸凹コンビが織りなす交番エンターテインメントの今後が楽しみだ。

関連リンク

  • 7/9 18:14
  • アサジョ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます