佐々木蔵之介“安洛”の「フリーズ」ぶりに「ポンコツがすぎる」「可愛かった」の声続々…「IP~サイバー捜査班」2話

拡大画像を見る

佐々木蔵之介主演、福原遥、間宮祥太朗らが共演する「IP~サイバー捜査班」の2話が7月8日放送。絆が娘かもしれないと知り、その声を聞くだけで“フリーズ”してしまう安洛に、視聴者からは「ポンコツがすぎる」「可愛かった」などの声が上がっている。

身近に迫るサイバー犯罪に立ち向かうべく京都府警本部に新たに設立されたものの、ネット犯罪の下調べや後片付けなど面倒な仕事ばかりで“総事係=お掃除係”と揶揄される、最先端でありながらちょっと残念な部署となっている「サイバー総合事犯係」を舞台にした本作。

サイバー犯罪に関する知識も捜査スキルもピカイチなのに、超がつくほどのデジタル人間の安洛一誠に佐々木さん。幼い頃亡くなった母が遺した写真から、安洛が父親かもしれないと考え、真実を探るためにサイバー総合事犯係への配属を希望した古宮山絆に福原さん。サイバー総合事犯係に勤務しながら安洛について極秘に調査をしている多和田昭平に間宮さん。

サイバー総合事犯係で映像解析を担当する川瀬七波に堀内敬子。サイバー総合事犯係係長でプロファイリング担当の平塚栄太郎に杉本哲太。サイバーパトロールを担当する岡林琢也に吉村界人。安洛と古くからの付き合いになる解剖医の夏海理香に高畑淳子。サイバー総合事犯係に陰で協力する鑑識課の畑野陽葵に中川知香といった面々が出演。


※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
2話ではサイバー総合事犯係に会社社長の土屋(ぼんちおさむ)がやってきて、京都で一番人気の芸妓“舞菊”こと奥村麻衣(川島海荷)との2ショットがSNSに出回って困ってるから、拡散した人物を見つけて逮捕してくれと訴える。明らかに同意の上で撮った画像で犯罪として成立しない可能性が高いが、安洛は絆と多和田に事件を調べるよう命じる。安洛が写真を流出元がカメラマンの寺西高広(西村匡生)だと特定し、絆と多和田が寺西の自宅を訪ねると彼は何者かに刺殺されていた。…というのが今回のストーリー。

絆から自分の若かりし頃の写真を突きつけられ、「あなたが本当の父親かどうか確かめるために来ました」と告げられた安洛。自分の娘かもしれない絆をどうしても意識してしまい、捜査の指示出しの際も多和田の名は口にするも絆には一切触れない。さらに絆が言葉を発すると“フリーズ”してしまう…。


そんな安洛に「安洛主任、絆ちゃん避けすぎて声聞くとフリーズしちゃうのポンコツがすぎるwww」「フリーズする(動揺) 安洛主任かわいい」「ワタワタしてるのめちゃくちゃ可愛かったです」などの声が上がるとともに「事件と絡めながら描かれる絆ちゃんの複雑な心境と安洛主任の動揺と変化がいい」「各話ゲストの問題と、安洛さん&絆ちゃんの謎を絡めながら進んでいくのか」といった反応も。

またゲスト出演した川島さんにも「川島海荷ちゃんの京都弁いいね!」「川島海荷ちゃんはイントネーションめっちゃ上手い」と、京都弁の上手さを讃える声が上がっている。

(笠緒)

関連リンク

  • 7/9 7:00
  • cinemacafe.net

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます