生まれつき目の無い犬 より小型を求めた無理な交配が原因か(米)

拡大画像を見る

米テネシー州ナッシュビルにあるミックス犬を中心に保護活動を行う団体「Big Fluffy Dog Rescue」は先月30日、Facebookで保護した犬の引き取り手を募集した。

一緒に投稿された画像には、ティーカップ・シュナウザーとウィートン・テリアのミックス犬である“ティーカップ(Teacup)”の姿が写っている。ティーカップは生後4週の頃、体重はわずか1ポンド(約450グラム)の状態でブリーダーによって同団体に運ばれてきた。

ウィートン・テリア特有のフワフワの体毛を持つ可愛らしいティーカップだが生まれつき目が無く、一緒に誕生した子犬たちに比べて体はとても小さい。運ばれてきた当時はミルクを飲もうとする反応が見られなかったため哺乳瓶で与えることもできず、困ったブリーダーが同団体に助けを求めたという。

現在ティーカップを預かって世話をしているニコル・バトラーさん(Nicole Butler、38)は「最初にティーカップを見た時は、あまりにも小さくて信じられないほどでした」とそのサイズに驚いたそうだ。

なぜティーカップはこんなに小さいのか、それは偶然ではなく理由があった。

同団体の投稿によると、ブリーダーは“トイ(Toy:おもちゃ)”と付くような小さな犬種を生み出すために、無理な交配を行っていた。その結果、生まれてきたのがティーカップだった。

投稿では「私は“トイ”と名前に付く犬種が大嫌いです。小さい犬を作り出すために、無理やり交配・繁殖させているからです。このようなことをしているブリーダーには、罰が下ってほしいです」と怒りをあらわにしている。

こうした現状にニコルさんも「小さい犬種は大勢の人を魅了するため、多額の利益をもたらすことは間違いありません。しかし悲しいことに多くのブリーダーはお金に固執し、犬の健康や気質、血統などについては考慮していないのです」と苦言を呈した。

母犬は体重9ポンド(約4キロ)、父犬は11ポンド(約5キロ)だったティーカップは現在1歳半になったが、体重は5.2ポンド(約2.4キロ)しかない。今後成長しても、体重は8ポンド(約3.6キロ)にも満たないと推測されている。

また最近になって避妊手術をしようとした際に、ティーカップの膀胱と子宮が癒着していることが判明した。さらに体が小さすぎたため、自分で体温を維持することも難しい状態だった。

同団体は「ティーカップの目が無いことや内臓が正しく形成されなかったのは、全て酷い繁殖方法のせいなのです」と無理な交配に原因を帰している。

多くの障がいを抱えて生まれてきたティーカップだが、痛みを伴うことは無いとニコルさんは明かす。

「ティーカップは視界のある生活を知らないので、自分が盲目であることも認識していないのです。ティーカップがそれを知る術はないので他の子犬と変わらず、とても元気に過ごしていますよ。」

ニコルさんは自身のFacebookに、娘のジュールちゃん(Jules、9)と一緒に遊ぶティーカップの様子を投稿しており、無邪気に遊ぶ姿が確認できる。

同団体とニコルさんは現在、ティーカップの引き取り手を探しているが、「押しつぶされてしまうので、大型犬と一緒に飼わないこと」「一緒に遊ぶための他の小さい犬を飼っていること」「家の中に段差が少ないこと」「小型犬を守るための強固なフェンスがあること」などいくつかの条件が設定されている。

画像は『Metro 2021年7月4日付「Tiny puppy born without eyes is in desperate need of a new loving home」(Picture: Nicole Butler / SWNS)』『Nicole Butler 2021年4月5日付Facebook「She’s been with us one week and one day now and little Teacup seems to be thriving!」、2021年4月26日付Facebook「OMG! Staaaapppp」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

関連リンク

  • 7/8 6:00
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます