ママパパ安心!オーストラリア発の食品グレードの粘土&ヴィーガンレザーツール


福鷹産業が運営するオンラインストア「JaneCollection(ジェーンコレクション)」にて、オーストラリアシドニーで生まれたホームメイドの食品粘土「Dough My Dear」が登場。あわせて、粘土と一緒に遊ぶことができる「The Amore Co」のヴィーガンレザーのツールもあわせて販売開始される。

子どもから大人まで楽しめる「粘土」

粘土は子どもから大人まで楽しめる工作材料で、子どもの頃は必ずと言っていいほど一度は手にするもの。粘土は子どもの感覚機能が育ち、手指の発達を促進して大脳が活発になるので、子どもたちのより意欲的な活動につながる。

少し前までは紙粘土や油粘土だけしかなかったものの、現在ではさまざまな種類があり、紙、石粉、米粉、油脂、樹脂系など、目的によってチョイスすることができるようになっている。

食品素材で作られた粘土「Dough My Dear」


今回同社が注目したのは、オーストラリアブランドの粘土「Dough My Dear」。ブランド創立者のLuisaは、男の子と双子の女の子の3人の母でもある。

甘い香りと絹のようななめらかな感触


「Dough My Dear」の粘土は、全てお菓子作りに使用される素材を使用し、ひとつひとつ丁寧に手作りされている。製菓用の小麦粉から作られているため、絹のようになめらかな触感は粘土のイメージが覆るはず。

蓋を開けると甘いココナッツやコットンキャンディーなどの香りが広がり、使用されているエッセンスも有害なものは一切含まれていないという。子どもが万が一誤って口に入れても害がなく、安心して使用できそうだ。


カラーは12種類。使用後は付属の瓶に保管すれば約6~12か月は持つという。大人顔負けのパッケージデザインにも注目だ。

ヴィーガンレザーのツールと一緒に粘土遊び



また、「Dough My Dear」の姉妹ブランド「The Amore Co」では、粘土と併せて遊べるツールとして、動物性を一切使用しないヴィーガンレザーのプレイマットや、エプロン、ドローイングセットなどを製造しており、こちらも同オンラインサイトにて販売開始される。


安心安全な粘土遊びを生活に取り入れてみては。

【使用上の注意】
※食品素材で作られているので万が一口に入ってしまった場合に害はございませんが、食べ物ではないため絶対に食べないでください。
※小麦粉を使用しているため、小麦アレルギーなどのあるお子様が使用する際にはご注意ください。
※必ず保護者の監督下で使用してください。

画像をもっと見る

  • 7/7 15:14
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます