ジェニファー・ロペス、51歳の今が「人生で最高の時」

拡大画像を見る

ジェニファー・ロペスは今年4月にアレックス・ロドリゲスとの婚約解消を発表後、元婚約者で俳優のベン・アフレックとの密会やデート現場が目撃されていた。6月には公の場で濃厚キスを交わす場面がキャッチされ、2人の復活愛は「確実のようだ」と話題になった。さらに現地時間4日には、米高級リゾートとして知られるハンプトンズで2人が体を寄せ合いながら散歩する姿が報じられたばかりだ。

番組プレゼンターのゼイン・ロウと対談したジェニファーは、ラウ・アレハンドロ(Rauw Alejandroand)とコラボレーションした最新シングル『Cambia El Paso(原題)』について語ったほか、現在の心境についてこう明かした。

「私はとても幸せよ。人々はいつも『元気? 何かあったの? 大丈夫?』って心配してくれる。全くもって絶好調よ。私のことを心配してくれる人達には、私が人生の中で1人でも素晴らしいという地点に来たということを知ってもらいたい。だって、私は彼らのことをとても大切に思っているから。」

「その場所に着いた途端、人生で二度と起こらないだろうと想像していたことが起こると思う。そして今、私はその場所にいるのよ。」

インタビューの間、ジェニファーはベンの名前を出すことは無かったが、「今は、私に寄せられている全ての愛と祝福の言葉に感謝している」と言い、ファンに向けて「皆さんには、現在が最高潮の時期であることを知ってもらいたい。私の人生で最高の時なのよ」と伝えた。

ジェニファーはラブコメ映画『ショットガン・ウェディング』の撮影でドミニカ共和国に滞在中、「1人でいることが本当に気持ちいいと思えるようになった」と明かしている。現地時間4月22日には、自身のInstagramで同映画の撮影がクランクアップしたことを報告していた。

「本当に気分が良い時には、最高の音楽をやろうという気になる。ドミニカ共和国から帰った後すぐに知り合い全員に連絡して、スタジオ入りしたいと伝えたわ。」

「今の人生が大好きよ。自分がしていることや居る場所が好きだし、絶えず進化し続けている自分を愛している。」

なおジェニファーの新曲『Cambia El Paso』は現地時間5日に配信、米マイアミビーチで先月に撮影されたMVは9日にリリース予定だ。

画像は『Jennifer Lopez 2021年6月19日付Instagram「Today’s look」、2021月4日22日付Instagram「That’s A Wrap!」、2021年7月2日付Instagram「Feliz viernes」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

関連リンク

  • 7/7 11:48
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます