「涙が出た」「本当にありがとうね」 熱海市へ派遣された、救助犬に感謝の声

拡大画像を見る

2021年7月3日、静岡県熱海市で大規模な土砂崩れが発生。行方不明者も多く、同月6日現在も自衛隊や警察などによる懸命な捜索活動が続いています。

静岡の土砂災害を受け、自衛隊が出動 「いつも本当にありがとう」「ご無事で」の声

救助活動にあたっているのは、自衛隊や警察だけではありません。同月4日、航空自衛隊『浜松基地』からは2頭の災害救助犬が出動。

Twitterにその様子が投稿されると、多くの反響が上がりました。

災害救助犬が出動 ネット上では感謝の声があふれる

災害で行方不明になっている人を、優れた嗅覚で捜索するために特別に訓練された、災害救助犬。

浜松基地のTwitterアカウントでは、捜索活動の様子が公開されています。

足元が危険な箇所などは、ケガをしないよう隊員が災害救助犬を抱えることで移動。

時々、休憩をいれたり隊員とコミュニケーションをとったりして、災害救助犬をリフレッシュさせながら任務にあたります。

また現場にはケガ防止のため、災害救助犬用の履物が用意されており、必要に応じて使用するようです。

ネット上では、泥だらけになりながらも懸命に捜索にあたる姿に、心打たれた人が多くいました。

・涙が出てきました。過酷な状況の中、自衛隊のみなさん、救助犬さんたち本当にありがとうございます。

・こんな大変な状況の中、任務にあたる姿に心打たれた。どうか1人でも多くの命が救われますように。

・できることなら、この子たちに今すぐご褒美をあげたい…!本当に感謝しかありません。

過酷な状況の中、捜索にあたるすべての人と災害救助犬に、心からの感謝を伝えたいですね。

1人でも多くの命が救われ、捜索活動が無事に遂行できることを祈るばかりです。

[文・構成/grape編集部]

出典 @JASDFhamamatsu

関連リンク

  • 7/6 12:32
  • grape

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • トリトン

    7/7 10:58

    さすがワンちゃん頑張ってるね、怪我しないでね。頭を使い仕事をする人並みですね感心ですね。😃💕

記事の無断転載を禁じます