嵐・櫻井翔、日本代表選手に“大酷評”「17年物」伝説持ちギャグを強制披露!

拡大画像を見る

 7月5日深夜に放送されたラグビー番組『ONEラグビー』(日本テレビ系)で、嵐の櫻井翔(39)とラグビー元日本代表選手で、今季限りで現役を引退した福岡堅樹氏(28)との対談が放送された。

 番組では、2人の対談のほかにも、パナソニックワイルドナイツの同僚で東京五輪の7人制日本代表の藤田慶和選手(27)をはじめ、福岡氏と交流が深い人物からのメッセージがVTRを通じて紹介された。

「番組の最後に、福岡氏のひざの治療を担当した医師の前田朗氏が、福岡氏に“笑いの要素を教えとくべきだった”とコメント。今後医師の道を進む福岡氏が患者をリラックスさせたり、スタッフとコミュニケーションを取ったりする中で、必要な笑いのセンスが足りないと話しました」(女性誌ライター)

 前田氏の指摘を受けた福岡氏は、『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)をなどのバラエティ番組でも司会を務める櫻井に、「せっかくなので櫻井さん、笑いのテクニック持ってないですか?」と聞いた。

■17年物の持ちギャグ披露

 櫻井は「この番組おかしい。いい話で終われば良いのに」と話しつつ、「15年くらいまえに、くりぃむしちゅーの上田晋也さん(51)の番組に出たときに披露したやつを」とコメント。そして、福岡氏に「タバコ吸いますか?」と質問をさせて、それを受けてから櫻井は自分の右肘を曲げて手首を少し丸めるようにして白鳥を表現し、「スワン(吸わん)」と答えるギャグを披露したのだ。

「櫻井がギャグを披露した瞬間、現場は凍りついたものの、間もなくして福岡氏は大きく口を開けて笑っていましたね。

 ただ実はこのギャグ、櫻井がかなり前から持っていたギャグなんです。2004年10月に放送された、 嵐の冠番組『Dの嵐!』(日本テレビ系)で、嵐のメンバーとババ抜き対決を行なった櫻井は敗北。その罰ゲームとして、この“スワン”のギャグを初めてやったんです」(前出の女性誌ライター)

『ONEラグビー』で櫻井は、このギャグを上田の前でやったときに「バラエティなめるな!」とのダメ出しをされたと振り返っていた。

「上田から酷評された“17年物のギャグ”ですが、ファンからは“翔くんのスワンが見たいな〜”“スワンって言われると翔くんのギャグ思い出す”などSNSでは記憶に残っている人も少なくないようです。櫻井の口から発せられると、周囲は衝撃で凍りついてしまうようですが、一度聞いたら忘れられない、意外とクセになるギャグなのかもしれませんね」(前同)

 キャスター、俳優、バラエティのMCと何でもこなす櫻井だが、ギャグセンスは微妙!?

関連リンク

  • 7/6 11:17
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます