「辛いからやめたほういいよ」興味がなかった彼に胸キュンした瞬間

彼とは友達だし、好きになることは絶対にない。そう思っていたにもかかわらず、ある一瞬の出来事に心を奪われることもゼロではないですよね。一度好きになると彼が頭から離れず、思い出すだけでドキドキしてしまいます。
そこで今回は「興味がなかった彼に胸キュンした瞬間」をご紹介します。

興味がなかった彼に胸キュンした瞬間

品のよさが垣間見えて

「プライベートで会うほどでもなかった男性と、はじめて食事に行ったんです。そしたらすごく食べ方がキレイでドキッとしました。店員さんにも丁寧に接していて、『こんなに素敵な人だったんだ』って思いました」(20代/接客)

▽ 男女問わず品のよさが垣間見えると、途端に魅力的に見えますよね。感情的にならず物事を柔軟に対応する姿は、まさに理想の男性といえそう。彼が一気に大人で頼れる存在に思えてきます。

頑張りをベタ褒めしてくれて

「久しぶりの男友達に近況報告をした際、『仕事すごい頑張ってるじゃん!』『でもあまり無理すんなよ!』と嫌味なく褒めてくれてうれしかった。ちょっとキュンとしちゃいました」(20代/デザイン関係)

▽ 歳を重ねるごとに「これくらいできて当たり前」と捉えられがち。また女同士だとマウントの取り合いになることも多く、純粋に誰かに認められるって滅多にないもの。だからこそ優しさ溢れる褒め言葉って、心が温かくなります。男性としてはもちろんですが、人として彼を好きになりそうですね。

とっさに「やめておいたほうがいい」と止めてくれて

「Aくんと食事に行った際、注文した料理が結構辛かったようで。一口食べたAくんがとっさに『○○辛いの苦手でしょ? 絶対やめておいたほうがいい!』と止めてくれました。元カレは内緒で食べさせて私の反応を見るタイプだったので、この違いにビックリしました」(20代/福祉)

▽ とっさの対応にその人の性格が表れるもの。なかには嫌がっているにもかかわらず、しつこく勧めてくる男性もいます。その一方でイヤな思いをしないように先回りして守ってもらえるとドキッとするもの。「もしかして女子扱いされている?」なんて思いますよね。

落ち込んでいるときに支えになってくれて

「ペットが病気になってしまい落ち込んでいたとき。先輩が車を出したり、病気について調べたりと、かなりサポートしてくれました。今まで先輩を異性として見ていなかったけれど、カッコよすぎて一瞬で恋に落ちましたね。おかげでペットの体調も回復し、今は元気に走り回っています」(20代/サービス業)

▽ やはり心身ともに落ち込んでいるときに支えてくれる人って、特別な存在になるもの。今までどんなに関係が希薄でも、一気に好きになってしまうでしょう。次は自分が恩返ししたいと思いますよね。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 7/5 11:28
  • 女子力アップCafeGoogirl

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます