神尾楓珠×山田杏奈、純粋でいびつな恋模様『彼女が好きなものは』特報2パターン解禁

拡大画像を見る

 俳優の神尾楓珠が主演し、女優の山田杏奈がヒロイン役を務める映画『彼女が好きなものは』より、主人公とヒロインそれぞれの心情を細やかに伝える2種の特報が解禁された。

 ゲイであることを隠しながら生活する男子高校生とBL好きの女子同級生が、恋愛を通して、世間にはびこる“ふつう”という価値観とのギャップに向き合う姿を描く本作。原作は浅原ナオトの「彼女が好きなものはホモであって僕ではない」(角川文庫刊)で、ウェブ小説サイト「カクヨム」で話題となり、2018年2月に書籍化。さらに2019年4月にはNHKで『腐女子、うっかりゲイに告る。』のタイトルでドラマ化もされ、大きな反響を呼んだ作品だ。

 高校生・安藤純役を神尾楓珠が映画初主演で演じ、クラスメイトのヒロイン・三浦紗枝役を山田杏奈が務める。そのほか、純の恋人役で今井翼、純のSNS上の友人役で磯村勇斗、純のクラスメイト役で前田旺志郎、三浦りょう太、ヒロインの親友役で池田朱那が共演。監督は、映画『にがくてあまい』や『世界でいちばん長い写真』で若者の瑞々しくも壊れやすい心模様を丁寧に描き出した草野翔吾が務める。

 高校生の安藤純は、自分がゲイであることを誰にも告げずに生きていた。そんなある日純は、書店でクラスメイトの三浦紗枝が、男性同士の恋愛をテーマとした、いわゆるBLマンガを購入しているところに遭遇する。BL好きであることを秘密にしている紗枝は「誰にも言わないで欲しい」と純に口止めをするのだが、彼女はまだ知らなかった。目の前にいる純が、彼女の好きなゲイであることにー。

 今回解禁されたのは、主人公の純とヒロインの紗枝それぞれの心情を細やかに伝える2種の特報。「純ver.」は神尾が、「紗枝ver.」は山田がナレーションを担当している。

 「純ver.」は、ゲイであることを隠して日々を過ごす純が、電車の中で居心地悪そうにしている場面から始まる。車内の広告を見渡すと、父母と子ども2人の4人家族が写る新築住宅の広告や、男女のカップルが写るマッチングサイトの広告など、世間で“ふつう”とされている恋愛や家族の写真ばかり。自分が同性愛者であることを家族や友達に打ち明けられず、自分自身も受け入れられずにいる純。クラスメイトから「彼女いるの?」と聞かれても、何も答えられない。

 そんな中、純はBL好きの同級生、三浦紗枝から告白される。戸惑いながらも「自分も“ふつう”に異性を愛し、家庭を築いてみたい」という切実な願いを秘めた純は、紗枝の告白を受け入れ、付き合うことになるが…。

 「紗枝ver.」は、紗枝が書店でBLマンガを購入しているところを純に見られてしまい、それをきっかけに2人が急接近していく様子が描かれる。そしてついに、友人たちと出かけた遊園地の観覧車の中で、紗枝は純に告白。OKの返事をもらい付き合い始めるが、しばらくして純が“ゲイ”であることを知り、「今さら嫌いにもなれない私はどうすればいいの?」と葛藤する。

 世間にはびこる“ふつう”という価値観と自分らしさとの狭間で葛藤する純と、その苦悩を知らずに恋をする紗枝。果たして、交わるはずのなかった2人の純粋でいびつな恋の行方は…。

 映画『彼女が好きなものは』は今秋全国公開。

関連リンク

  • 7/5 15:00
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます