読書に見えるけど実はメイク直し中!? 「書籍風ドレッサーポーチ」がモダンで素敵! 杉浦非水の作品がモチーフです

拡大画像を見る

レトロモダンな表紙を開くと……本ではなく「鏡」と「ポーチ」が出現!?

フェリシモミュージアム部の新商品は、書籍をドレッサーポーチに “リデザイン” したアイテム

読書しているように見せかけて、お化粧直しができちゃうんです♪

【素晴らしきブックデザインの世界】

2021年6月29日からウェブ販売を開始した「杉浦非水の装丁を楽しむ書籍風ドレッサーポーチ」。

ポーチのモデルとなったのは日本初のグラフィックデザイナー・杉浦非水が手がけた書籍

7月3日から全国を巡回する「杉浦非水 時代をひらくデザイン」展とのコラボアイテムとなっています。

【杉浦非水ってどんな人?】

非水は「ブックデザイン=画家が片手間にするもの」という考え方が主流だった時代に、いち早くブックデザインを手掛けた “モダンデザインの先駆者” 。有名な作品は、社会の教科書にも掲載されていた「上野-浅草間の鉄道開通ポスター」。

今回のポーチはそんな「非水のブックデザインをもっと知ってほしい!」という強い思いから生まれたもの。

本物と見まがう再現度の高さとなっています

【再現している本は…?】

ポーチのラインナップは、『あゝ故郷』と『婦人衛生編』の全2種類。

『あゝ故郷』は フランスの作家エクトール・マロの代表作で、邦題『家なき娘』として有名。

いっぽう『婦人衛生編』は全8巻ある嫁入叢書シリーズのうちの1冊・婦人のための衛生知識啓蒙の本。

いずれもレトロモダンなモチーフやカラフルな色使いが美しく、非水がブックデザイナーとしていかに優れていたのかが伝わってきます。

【マジで本にしか見えないよ…!】

またポーチでは、本の裏表紙までしっかり再現

内側には、古書の紙の色(!)を取り入れるなど、めちゃくちゃこだわっていることがわかります……!

こだわりはこれだけにとどまらず、

・ファスナーの引手に「栞」をイメージしたリボン飾りを付属
・本のように立てて並べられる

といった工夫もプラス。だからこそ、パッと見ただけでは、本にしか見えません。

【お化粧直しにちょうどいいポーチです】

ポーチの内側には、割れる心配のないアクリルミラーがついているため、まるで本を呼んでいるように、お顔を隠しながらメイクすることができます。

中にはリップ2本・アイシャドウ&チーク・ブラシ2本ほどを収納できるらしく、お化粧直し用にピッタリなのではないでしょうか。

お値段は各税込み2310円。

本好きの心をくすぐるアイテムなので、読書好きのあの人へのプレゼントにもおススメですよ♪

参照元:フェリシモ[1][2]、フェリシモミュージアム部、プレスリリース
執筆:田端あんじ (c)Pouch

関連リンク

  • 7/5 7:45
  • Pouch

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます