蓬田結梨杏 “いちご娘”の大胆セクシー、甘酸っぱい魅力で悩殺

拡大画像を見る

これまで『サンスポGoGoクイーン』や『ミスヤングチャンピオン』に参加し、『第3代ミスプレミア』ではフォトジェニック賞を受賞、ファンから「よもゆり」の愛称で親しまれている蓬田結梨杏が、待望のファーストDVD『いちご娘は大人な顔して、まだ何も知らない』(ギルド)をリリース。発売記念イベントを秋葉原・ソフマップで開催した。

 

イベントにいちごのかわいい水着で登場した蓬田は、「私が栃木県出身で“天然とちおとめ”というキャッチコピーで活動しているんですよ。見た目は大人っぽいけど、中身はまだ子供っぽいので、かわいいいちごの水着を選びました。DVDのタイトルも出身地にちなんでいちごを入れてみました」と話した。そんなデビュー作は愛知と静岡で撮影が行われた。「2年前に愛知県で撮って、1年前に静岡県と2回にわけて撮りました。20歳の結梨杏と21歳になってちょっと大人になった結梨杏が観れるDVDかなと思います」と紹介。内容については「設定とかはなくて、ストーリーもなく、自分のカットがいろいろありまして、普段の結梨杏っぽいになっています」と説明した。


おすすめのシーンを聞いてみると「公民館みたいなところで洋服を脱いでハレンチなことをしちゃいました。ちょっと面積が小さい水着だったので恥ずかしかったけど、楽しかったです」と振り返り、セクシーなシーンについて聞いてみると朝のベッドのシーンを選んだ蓬田。「このシーンも2年前と1年前に2回撮ったんですよ。両方とも結梨杏と一緒に寝ている感じを出して撮影しました。2回目は1回目より大胆になって、手ブラにも挑戦しました。こういうシーンの撮影は初めてだったので、ちょっと不安でしたけど、きれいに撮ってもらえたので、やってよかったです」と笑顔をみせた。


DVDを採点してもらうと「65点くらいです。もうちょっと自然に動けたりしたらよかったなと思うところがあるので、もし次にDVDを出せるなら観ているがドキドキしたりとか、自然な結梨杏を観てもらえるようなDVDが出したいです」とコメント。次回作はどんなことをやってみたいか聞いてみると「2年前くらいにアマチュアですけどキックボクシングの大会に出たんですよ。負けちゃいましたけどね、しばらく休んでいたんですけど、また今月から再開したので、キックボクシングで試合に出るみたいな格闘技っぽいDVDを撮りたいです」と意気込んだ。

  • 7/4 23:08
  • dwango.jp news

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます