【2021年・下半期の運勢】西洋占星術・12星座別運勢占いランキング第1位は…!?

拡大画像を見る

ラジオ発のエンタメニュース&コラム「TOKYO FM+」がお届けする、西洋占星術で占う2021年下半期の運勢ランキング。2021年後半・下半期の運勢は……? あなたの運勢をチェック!
監修:東京・池袋占い館セレーネ所属・夏目みやび(なつめ・みやび)



まずは「2位」~「11位」までの2021年下半期の運勢をチェック!

【2位】射手座(いて座)
「調子が良いな」と感じることが増える下半期。自分の時間ができるので、趣味や習い事なども楽しめるでしょう。家族との関わりも増えるため、住まいなどの環境を整えていく必要があるようですが、面倒くさがらずにおこなうと吉。相手の意見や気持ちをくみとるようにしましょう。しばらく会っていない人から連絡がきたり、疎遠だった人と再び関わることもある予感。

【3位】水瓶座(みずがめ座)
今年は人生がガラッと変わるような出来事が起こりやすいとき。注目を浴びるなど目立つことも増えるでしょう。自己を上手にコントロールできると、周りとも和やかなムードで関わることができそうです。自分自身と向き合う時間を設けると◎ 来年に向けて夢や目標なども生まれ、モチベーションもアップするようです。

【4位】牡牛座(おうし座)
人脈の拡大とともに、仕事の幅も広がるようです。ただし、あれもこれもと欲張ってしまうと手に負えなくなる可能性があるので気をつけて。客観視することは開運にもつながります。自分がどこに向かって走っているのか、ノートなどにまとめたりすると◎ その日に出会った人や、思いついたことなどを簡潔に書く習慣をつけていると、役立つときもありそうです。

【5位】牡羊座(おひつじ座)
周囲とのコミュニケーションを円滑にしていくと◎ ときには受け身でいたり、その場の流れに合わせてみて。想像とは違い、意外とうまくいくようです。仕事などで考えこんでしまう場合は、親友や先輩など信頼できる人にサポートしてもらうと良いでしょう。夢や理想が共有できるグループなどに所属できれば、自分の力をフルに発揮するようです。

【6位】天秤座(てんびん座)
下半期は周りと比較せず自分のペースを乱さないようにすると◎ アイデアは豊富なときなので、思いついたらすぐ実行したくなるかもしれませんが、ビジネス絡みの場合は、上司や先輩に相談してから進めていきましょう。恋愛においては素直な気持ちを相手に伝えると効果的。一歩進んだ関係性になれることでしょう。

【7位】山羊座(やぎ座)
いろいろなものを模索する時期。仕事場での立ち位置や家族とのあり方など、自分らしくあるためのスペースが用意されることでしょう。金銭面に波があるようですが、貯蓄を意識すると◎ 即断即決はせずに、日々できることをコツコツおこなっていくと実りのある下半期になりそうです。

【8位】蠍座(さそり座)
自分の長所を再確認できる下半期。アイデアがひらめきやすく、それらが仕事に結びついていくので、順調なスタートとなりそうです。仕事など目標に向かって集中したい気持ちはありますが、家庭環境などプライベートなことにも目を向ける必要があるかも。仕事もプライベートもうまくいくように折り合いをつけながら活動すると良いでしょう。

【9位】蟹座(かに座)
心に響くような出来事が起こりやすい時期。学びを通して自己を見つめ直すような、きっかけもある予感。精神的に強くなり、多少のことでは諦めない力強さを身につけることでしょう。金銭面では慎重になるほうが◎ 家計簿などを見直してみて。感性が研ぎ澄まされるので、周りの人のちょっとした反応に敏感になるようですが、あまり気にしすぎないようにしましょう。

【10位】乙女座(おとめ座)
仕事のあり方などを再構築していく時期。慌ただしく、しんどいこともあるかもしれませんが、重要な人物との出会いによって、停滞気味だった物事が好転していく可能性が。どんな状況においても最高のパフォーマンスができるように、日々トレーニングをするなど準備を進めておくと良さそうです。

【11位】魚座(うお座)
今までおこなってきたことを仕切り直すなど、調整が必要なものが出てくるかも。悲観的にならずにベストを尽くすようにすると良いでしょう。下半期のスタートは、自分にスポットライトが当たるなど、喜びもある予感。いっときの感情に飲まれずに、ベストな選択をすることを意識すると良いでしょう。

2021年下半期・第1位の星座はこちら!

【1位】双子座(ふたご座)
下半期は、さらに忙しい日々が続きそうな予感。昇進したり、ポジションが良くなるなど喜べることもありそうです。華々しく見える反面、陰で苦労することもあるかもしれませんが、ここで立ち止まらずに歩みを進めていきましょう。ただ、飽きてしまうと、途端に何もやりたくなくなってしまう傾向があるので、飽きがこないように工夫するのを忘れずに。

2021年下半期・最下位の星座はこちら。開運ポイントをチェック!

【12位】獅子座(しし座)
パートナーや恋人と向き合うことが多くなるとき。意見が割れて、つい口論になってしまうかも。しかし、信頼関係を築いていくためには、腹を割って話す必要もあるでしょう。周りにはまだ言えないけれど、飛躍できるチャンスをもらうなど、今まで頑張ってきたことがあれば報われる可能性アリ。

■監修者プロフィール:夏目みやび(なつめ・みやび)
東京・池袋占い館セレーネ所属。メッセージ性の高い鑑定はリピーターも多く、心の琴線に触れると話題に。占いや開運で個性が輝けるような占いを発信中。Yahoo!占い「マザー占術」など数多くのコンテンツもリリース。
Webサイト:https://miyabi.selene-uranai.com/
YouTube: https://www.youtube.com/channel/UCK70ME4Xy7AXrJWv2CgtulA

関連リンク

  • 7/4 21:50
  • TOKYO FM+

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます