ヴィエラ氏が監督としてプレミア復帰! クリスタル・パレスの新指揮官に就任

拡大画像を見る

 クリスタル・パレスは4日、パトリック・ヴィエラ氏が新監督に就任したことをクラブ公式サイトで発表した。

 クリスタル・パレスは2020-21シーズン限りでロイ・ホジソン前監督が退任。後任探しは難航していたが、プレミアリーグ屈指のレジェンドを2024年6月30日までの3年契約で招へいすることに成功した。



 現在45歳のヴィエラ氏は現役時代、アーセナルやユヴェントス、インテルなどでプレー。1996年から2005年にかけて在籍したアーセナルでは公式戦通算396試合に出場し、11のタイトル獲得に貢献した。また、2003-04シーズンには同クラブでプレミアリーグ無敗優勝を果たした。

 フランス代表として1998年のFIFAワールドカップ優勝も経験しているヴィエラ氏は、2011年夏にマンチェスター・Cで現役を退き指導者に転身。同クラブの下部組織にてマネージャーやリザーブチームの監督を務めた後、2016年からはニューヨーク・シティを指揮した。2018年夏からは母国のニースを率い、1年目は7位、2年目は5位フィニッシュを果たしたものの、3年目の昨季途中に成績不振で解任されていた。

関連リンク

  • 7/4 21:06
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます