老舗メーカーのパテ食べ比べ! 缶詰ひとつで本格フレンチ

拡大画像を見る

 お酒のつまみやキャンプでの一品にぴったりの「パテ」は缶詰ひとつで食卓がフレンチレストランに変身するすぐれものだ。どうせなら本場の味わいを楽しんでみたいと思い、今回はフランスの老舗メーカー「エナフ」のパテ2種類を食べ比べしてみた。

●フランス産ポークを使用した本格フレンチ


 1907年、フランスのブルターニュ地方に設立された「エナフ」は、ポーク・パテを中心にフランスで人気の食品メーカー。フランス産ポークのみを使用するなど、こだわって作られた商品は世界中に多くのファンを持つ。気軽に本場フランスの味を楽しめる缶詰、今回は「レバーパテ」と「パテ・ド・カンパーニュ」を購入してみた。
 まずは「レバーパテ」から開封。発色剤を使わず、豚脂肪・豚肝臓・牛乳・生クリーム・エシャロット・食塩・香辛料とシンプルな味付けで作られている。缶いっぱいになめらかなレバーが詰め込まれており、見た目だけでそのなめらかさを感じられた。ほのかに豚レバーの香りが漂う。
 フランスパンにつけて食べてみる。ナイフですくった感触は柔らかく、最初は固まっているものの伸ばすとすぐにほぐれた。レバーの生臭さは少なく、素朴な味わい。牛乳と生クリームのおかげだろうか、しっとりとした口どけは固めのフランスパンとの相性がよく、食感も味もバランスよく感じられた。ただし、少し甘さが強く、レバー本来の独特な味覚を期待していた筆者には少々物足りなかった。そのまま食べるより、サラダなど他の料理と混ぜていただくほうがよさそうだ。

●濃厚なポークの味わいがワインのお供にぴったり


 続いては豚肉やレバーをミンチにしたフランスの伝統的な家庭料理「エナフ パテ・ド・カンパーニュ」をいただく。“豚肉の食感を残した素朴な田舎風パテ”とパッケージに記載がある通り、豚レバー、豚脂、豚肉の食感がそれぞれしっかりと感じられる。
 「レバーパテ」のようななめらかさはなく、少し固めの食感。ほろほろと口の中でほどける感覚が楽しい。豚脂の甘みと豚レバーの濃厚な味わい、豚肉の塩味が絶妙で、レストランでフレンチをいただいている気分になれた。肉の味をしっかりと感じられるので、食事としての満足感も十分に得られる。
 クリーミーな「レバーパテ」と素材を生かした「エナフ パテ・ド・カンパーニュ」。豚肉の魅力がそれぞれ違った形で引き出されている。個人的には濃厚さ、食感ともに「エナフ パテ・ド・カンパーニュ」のほうが好みであった。ぜひ赤ワインと合わせていただきたい。飲むお酒やシーン、合わせる食材によって使い分けてみてはどうだろうか。(エフェクト・霜越緑)
※記事中の価格は購入時もの

関連リンク

  • 7/4 11:30
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます