7月のカレンダーにご注意! 7月19日は平日、「海の日」は移動

拡大画像を見る

 昨年または今年の早いうちに用意した2021年カレンダー・手帳の日付には注意が必要だ。直近では、7月19日の「海の日」は22日に移動し、7月19日は平日となった。手元のカレンダーが異なっている場合は早めに修正しておこう。

 内閣政府広報オンラインは、6月28日にTwitterの公式アカウントで、「東京五輪・パラリンピックの開催に伴い、今年に限り三つの祝日が移動します。」と呼び掛けている。
 「三つの祝日」とは、「海の日」のほか「スポーツの日」と「山の日」。10月11日にあった「スポーツの日」は7月23日、8月11日にあった「山の日」は8月8日に移動した。なお、8月8日は日曜日なので、8月9日が振替休日。これにより今年の7月は4連休、8月は3連休になった。
 先述の事情から、カレンダー上では祝日の表示になっている7月19日、8月11日、10月11日は平日になった。「令和三年東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会特別措置法(平成27年法律第33号)第32条第2項」に基づく祝日の移動なので今年限定の取り組みではあるが、すでに祝日として予定を立てている場合などは注意したい。

関連リンク

  • 7/2 19:05
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます