小倉優子、“45キロ”の体重暴露に“痩せすぎ”指摘!太らない秘訣明かすも「あんまり食べないんだな」の声

拡大画像を見る

 タレントの小倉優子(37)が2日までにYouTubeチャンネルを更新。タレントの相沢まき(41)とのコラボ動画で、現在の体重や食生活について明かした。

 動画では、3人の男の子を育てている小倉と、1人の女の子を育てている相沢が、ママならではのトークを展開。「妊娠して何キロ太ったか」という話題では、相沢が「13キロ」、小倉は「1人目が14〜16キロ、2人目は8キロ、3人目は12キロくらい」と明かしていた。その上で、小倉は「妊娠前は44キロだったんですね。今は45〜6キロ」と現在の体重を明かしつつ、「44キロ台にしちゃうと顔とかこけちゃうし、今はこれくらいでいいかなと思ってるんですけど」と現状維持の予定であると説明した。

 その後、2人は体重を管理するための食生活についてトーク。小倉は「昨日の1日の食事」を写真で紹介し、「朝は卵とフルーツは絶対」「ウインナーは無添加」「昼食はカフェオレのみが多い」「夜はカレー」と話した。基本的に「ダイエット中でもこの食事量は変わらない」「食事量を減らすとリバウンドする」とのことから、ダイエット中は朝食と昼食を普段通りに食べて、カフェオレや3時のおやつのスイーツも欠かさず、夕食は抜くまたは炭水化物をカットしておかずのみにするという形で、全体の食事量を変えずに、食べる時間に注意する方法をとっているという。

 一方、相沢は朝食は炭水化物を含むメニューで、昼食は抜くことも多く、夕食は子どもが残したものを食べるか、炭水化物を抜いたメニューにすることが多いと説明。小倉と同様、一日3食食べても、全体の食事量は2食分で収まるようにしているという。

 また、スイーツを食べる時はおから100%のものを選ぶなどの工夫をしているとも明かしていた。さらに、子どもがいない時は“カップ焼きそば”で食事を済ませることもあるという相沢に対し、小倉は「カップ焼きそば何年も食べてないです」と発言。ただ、レトルト食品などを完全に禁止にしているわけではなく、たまに子どもたちにカップラーメンを食べさせると喜ぶという。

 ちなみに小倉は、ダイエット中も「運動はしない」と断言。「もう脚は全然出してない」「長いスカートはいてるからいいや」と明かしつつ、子どもがもう少し大きくなったらヨガやストレッチに挑戦して、体重だけではなくスタイルにもこだわりたいと言っていた。

 小倉と相沢のママトークに、ファンからは「ゆうこりんはもちろんのこと、相沢さん美しさと可愛いさがあって、笑顔が素敵すぎます」「皆が知りたいようなことを沢山質問してくれてるから楽しく参考になりながら観れました」「ゆうこりんみたいなママになりたい」「自分にあったダイエットをみつけるのは意外と大変ですね、ストレスになってもいけないし、食べる時間とストレッチは効果がありそう」といった好意的な反応の他、「やっぱりあんまり食べないんだな 45キロって〜」「ゆうこりん背が160センチ以上あって高いの45キロってモデル体型だし痩せすぎだよ もう少し顔がふっくらした方が可愛いし健康的に見える気がします。それに歳を重ねれば重ねるほど痩せると老けて見える気がします」と小倉の体重にまつわる声もあがっていた。

関連リンク

  • 7/2 16:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます