岡田将生・志尊淳W主演の実写映画で話題を呼んだ『さんかく窓の外側は夜』アニメ化

拡大画像を見る

ヤマシタトモコ原作の人気ホラーコミック「さんかく窓の外側は夜」(クロフネコミックス/リブレ刊)のTVアニメが2021年10月よりTOKYO MX・BSフジほかにて放送決定、併せて特報とティザービジュアル、さらに主役の三角康介役に島﨑信長・冷川理人役に羽多野渉の出演が解禁となった。



原作は累計発行部数170万部を超えるヤマシタトモコの同名コミック(全10巻)で、霊が視える書店員と除霊師の男がひょんなことから探偵バディを組み、除霊や呪いにまつわる未解決事件の謎を追うホラーミステリー。2013年3月~2020年12月まで「月刊MAGAZINE BE×BOY」にて連載され、2021年1月には岡田将生・志尊淳のW主演にて実写映画化が公開され大きな話題を呼んだ。


今回のアニメ化にあたり、主人公で霊が視える青年・三角康介(みかど・こうすけ)役に、「フルーツバスケット」草摩由希役や「呪術廻戦」真人役を務める島﨑信長、除霊師・冷川理人(ひやかわ・りひと)役には「僕のヒーローアカデミア」心操人使役や「アイドリッシュセブン」八乙女楽役を務める羽多野渉が決定した。島﨑は、『原作の日常の中に当たり前に寄り添うようなジャパニーズホラー感がすごく好きです。そして人間ドラマとしても非常に味わい深く、面白い作品だなと感じております。その魅力をアニメーションとしてたくさん伝えられるよう、精一杯取り組みたいと思います』と熱意溢れる意気込みを語ったほか、羽多野は『成立しているようないないような、彼らの凸凹コンビぶりにもご注目ください。ホラー、ミステリー、ヒューマン、いろんな要素が詰まった作品です!』と様々な魅力が詰まった本作の見所を語っている。


併せて公開された特報では、霊を怖がる三角と除霊師の冷川という正反対の2人がどんなバディになっていくのか、期待が膨らむ内容となっている。また、監督兼キャラクターデザインを務める安田好孝が描きおろしたティザービジュアルでは、三角と冷川が寄りそう意味深な雰囲気に惹き寄せられる。


さらに、原作者のヤマシタトモコからもアニメ化決定をお祝いしたイラストが到着。


ヤマシタは「私がこの世で一番びっくりしているのですがアニメになります。冷川と三角が動いて喋ってあれをあれしたりあれしたりあれしたりします。見てね!」と本作へ期待のコメントを寄せた。なお、「月刊MAGAZINE BE×BOY」ではアニメ化を記念して8月6日発売の9月号より3号連続で「さんかく窓の外側は夜」後日談の漫画連載も決定した。


また本解禁に併せてアニメ公式サイトと公式Twitter(@sankakumado_PR)も公開。三角と冷川のキャラクタービジュアルや安田好孝監督・シリーズ構成の関根アユミら実力派が名を連ねるメインスタッフ陣から意気込みのコメントも掲載している。今後の最新情報については公式サイト、公式Twitter、「月刊MAGAZINE BE×BOY」にて随時発表予定。


<島﨑信長(三角康介役)コメント>

原作の、日常の中に当たり前に寄り添うようなジャパニーズホラー感がすごく好きです。そして人間ドラマとしても、非常に味わい深く、面白い作品だなと感じております。その魅力を 、アニメーションとしてたくさん伝えられるよう、精一杯取り組みたいと思います。どうぞよろしくお願い致します。


<羽多野 渉(冷川理人役)コメント>

10月から放送開始するTVアニメ「さんかく窓の外側は夜」。冷川理人役の声を担当させて頂きます、羽多野渉です。冷川は有能な除霊師なんですが、つかみどころのない人物でコミュニケーションの取り方が独特です。そんな彼が、霊が見える特異体質の三角康介と出会うところから物語がスタートします。成立しているようなしてないような、彼らの凸凹コンビぶりにもご注目ください。ホラー、ミステリー、ヒューマン、いろんな要素が詰まった作品です!ぜひご覧くださいね!


<原作者ヤマシタトモコより応援コメント>

私がこの世で一番びっくりしているのですがアニメになります。冷川と三角が動いて喋ってあれをあれしたりあれしたりあれしたりします。見てね!


<監督・キャラクターデザイン:安田好孝コメント>

除霊、呪い、死…。辛辣に、それでも人への優しさを忘れない視線で描くヤマシタトモコ先生の世界をアニメーション映像としてご覧いただければ幸いです。作中には「呪い」への誘いとして、ごくありふれたモチーフを散りばめてみました。人が抱く人への思いは、すなわち「呪い」なのです。ミステリアスな青年・冷川理人との出会いで、果たして三角康介クンの日常は「怖く」なくなるのでしょうか…?キャラクターの心象風景に、ビビッドな映像を入れ込む試みにもご注目ください。


<チーフディレクター:岩永大慈コメント>

原作の『さんかく窓の外側は夜』は、それぞれが芯を持った個性豊かなキャラクター、繊細な感情の描写など、多くの魅力持った素敵な物語です。ヤマシタトモコ先生が織りなす独創的で魅力ある世界観を大切に、素晴らしいフィルムとなるよう全力を尽くす所存です。最後に、ご覧頂いた視聴者様お一人お一人が、自由な解釈を持って楽しんで頂けるような映像になれば幸いでございます。是非ともTVアニメ『さんかく窓の外側は夜』をよろしくお願いいたします。


<シリーズ構成:関根アユミコメント>

一読者としてずっと応援しているヤマシタトモコ先生の作品に、アニメスタッフとして関わることができてとても光栄です!ヤマシタ先生の作品はどれも、一言では表現できないリアルな想いが沢山こめられています。今回『さんかく窓の外側は夜』の脚本作業をしている最中も、「自分は今、本当に生身の人間を描いているんだ」と改めて感じさせられる瞬間が何度もありました。作品の中に込められた様々な想いを、視聴者の皆様と共有できる日を楽しみにしております。TVアニメ『さんかく窓の外側は夜』を何卒よろしくお願いいたします!




©ヤマシタトモコ/リブレ・さんかく窓プロジェクト

関連リンク

  • 7/2 6:00
  • dwango.jp news

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます