もっと話していたい...!彼をゾッコンにしてしまう「電話の秘訣」って?♡

拡大画像を見る

 彼との距離が縮まってきたと感じるのであれば、電話をかけてみてもいいかもしれません。メッセージでやりとりをするよりも、ふたりの時間を共有できる電話のほうが、彼との距離を縮められます。  今回は、彼をゾッコンにしてしまう電話の秘訣について、ご紹介していきます。彼をゾッコンにする方法を知っておけば、彼と両想いになれるかもしれません。 


電話をかけるタイミングに気を遣う

メッセージを送るのとは違い、電話はお互いの時間を使って会話をするものなので、電話をかけるタイミングは、気を遣わなけれないけません。相手が忙しそうにしているときや、寝ているであろう時間に電話をかけないようにしましょう。   彼が寝る前の時間や、次の日が休みだというのであれば、電話をするための時間も作ることができて、会話も盛り上がるのではないでしょうか。 


朝の電話は寝ぼけ声で

彼との距離感がある程度縮まっているのであれば、彼にモーニングコールをお願いしてみてはいかがでしょうか。モーニングコールが彼からかかってきたら、寝ぼけ声で電話に出てみてください。  寝ぼけているかのようなとろんとした女性の声は、子どもを相手にしているかのような可愛さがあります。彼にモーニングコールをしてもらった後は、お礼のメッセージも送るようにしてください。 


電話の前にお風呂に入る

電話が繋がったらすぐに、「今何してたの?」などのような話題になることもあるでしょう。話題に困っているわけではないけど、会話の始め方として使う方も多いですよね。   彼から聞かれた場合、「お風呂に入ってた」と言ってみてください。彼も男性なので、一瞬の間にお風呂に入っているシーンを妄想するはずです。 彼を照れさせることができて、さらにお風呂のあとは色気のある声になるので、彼もときめいてしまうでしょう。 


電話を切るときはあっさり切る

 彼との幸せなひと時とも言える電話が終わるときには、会話が終わったらあっさりと電話を切るようにしましょう。あっさり切ることで、彼の心を乱すことができます。  盛り上がったタイミングなどで会話を切っても、彼に名残惜しさを感じさせることができるため、次にまた電話がしたいという気持ちになります。彼の意識を自分に向けさせるような電話の仕方をしてみてください。 


まとめ

直接会って会話をするよりも、電話のほうがドキドキしてしまいますよね。相手も同じような状況なので、会話の主導権を握って、彼をドキドキさせましょう。 (ハウコレ編集部)   

関連リンク

  • 7/1 11:01
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます