メイプル超合金・安藤なつだけじゃない! 熊田曜子、Every Little Thing・伊藤一朗からみる、「一般人」配偶者による“リーク”の危険度

 メイプル超合金・安藤なつが、6月30日放送のラジオ番組『ナイツ ザ・ラジオショー』(ニッポン放送)に出演。前日にニュースサイト「デイリー新潮」が伝えた、一般人の夫との“離婚調停”について「何も言えない」と明言を避けながらも、否定はしなかった。こうした安藤の姿勢について、マスコミ関係者は「芸能人は、一般人との離婚に慎重さが求められるようになってきた」と背景を語る。

「安藤は、2019年11月に介護職に就いている6歳年下の男性・Aさんと結婚。『新潮』にはAさんの“地元の知人”が登場し、安藤からの束縛や、金銭感覚の違いにAさんが悩んでいることを証言。知人からすると、Aさんが自殺してしまうのではないかと感じるほど、憔悴しきっていたといいます。また、今年5月中旬には安藤が家を出ていき、Aさんに対して『マスコミやSNSには離婚のことは何も喋るな』と、誓約書にサインするよう要求してきたとも明かしています」(スポーツ紙記者)

 「新潮」は、安藤がAさんとの離婚を希望しつつも財産分与には応じないため、Aさんが婚姻費用調停を申し立てたとも報道。同記事が出た翌日、安藤はラジオ局に集まった取材陣の前でも「(何も)言えないみたいなんです」と、コメントを避けている。

「このところ、芸能人が“一般人の配偶者”から夫婦問題を暴露されるケースが増えていて、芸能人や各プロダクションは警戒を強めています。つい先日、週刊誌上で夫と“リーク合戦”を繰り広げたタレント・熊田曜子もその一人です。当初、熊田は5月21日にニュースサイト『文春オンライン』で夫の“DV逮捕”を報じられ、被害者として世間から同情を集めました。しかしその後、彼女の不倫疑惑が浮上。6月10日発売の『週刊文春』(文藝春秋)や『週刊新潮』(新潮社)には、一般人の夫本人が登場して“妻の不倫の証拠”を明かし、現在は熊田がバッシングを浴びている状況です」(同)

 そんな熊田とは異なり、夫の“知人”から夫婦仲を暴露された形だが……。

「身内しか知り得ないような情報であることから、夫自身が告発しているに等しい状況でしょう。ほとんど熊田と同じケースですね。一方、“芸能人の夫が一般人の妻から夫婦問題をリークされる”というパターンでは、Every Little Thing・伊藤一朗とその妻のケースがあります。6月10日発売の『女性セブン』で離婚調停中だと報じられると、同14日配信の『文春オンライン』の記事に妻が登場。伊藤の母親や姉とトラブルがあったと明かしているほか、伊藤が聞かれたくないこと、めんどうなことを問われると長時間“だんまり”を決め込むことなどを暴露しました」(テレビ局関係者)

 伊藤や熊田、そして安藤も、配偶者が週刊誌にリークすることを、想定していなかったのだろうか。

「芸能人の結婚相手が一般人の場合、夫婦間で起きたトラブルのマスコミ対応は、タレントの“所属事務所主導”で行われるため、一般人側は何も主張できないままのことが多かったんです。ですが、最近は彼らも黙っておらず、タレントが事務所を通じてマスコミ各社に報告する前に、他マスコミに自身の主張をリークするケースが続出しています。芸能人は同業者と結婚したほうが、こうした危険な“リーク合戦”を回避できるのかもしれません」(同)

 安藤の離婚問題は明るみになったばかりだが、今後、自ら真相を語ることはあるだろうか。

  • 6/30 21:15
  • サイゾーウーマン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます