菊地亜美、お母さんがそっくり過ぎてもはや双子のレベル!?

 人気バラエティタレントの菊地亜美は、お母さんと瓜二つだった! 6月28日に放送された「深イイ話 2時間SP」(日本テレビ系)で明かされた若き日の菊地母に、スタジオゲストが驚いていたようだ。

 この日は番組恒例の企画「ホームビデオクイズ 私は誰?」を放送。ここで初公開されたホームビデオには、雪国出身でダンスが得意、そして負けず嫌いというタレントの幼少時が映っているという。

 そのタレントには2歳年上の姉がおり、今でもよく一緒に買い物に出かけるとのヒントが。ここで後藤輝基は「広瀬すず」と答えるも不正解。すると母親の顔がチラリと写り、ナレーションも「結構なヒントかもしれませんよ」と、母娘がそっくりであることを示唆していた。

 その母親を見て髙橋真麻は「鼻筋が!」といいながら「小沢真珠」と回答するも不正解。次いで新川優愛は「夏菜」、後藤輝基は「菜々緒」と答えていた。

「夏菜は菊地の1歳年上で、以前からよく似ていると言われる間柄。また菜々緒は2歳年上で、バタくさい顔付きは方向性としては菊地と同系統でしょう。小沢は年齢こそ大きく離れているものの、尖った鼻筋や濃いめの顔つきはやはり菊地との類似性を感じさせます」(芸能ライター)


 そこからは<ある年に150本以上テレビに出演><バラエティ番組で大活躍>といった大ヒントが登場。このあたりで高橋と新川が相次いで正解し、<あるグループに所属していた>というヒントでは今田耕司も本人の顔が思い浮かんだものの、フリップには「アイドリング!!!の(朝日)奈央ちゃんとちがう子」とだけ記入し、のちほど登場したご本人に「ひどーい!」となじられる有様だ。

「すると『超そっくりママを大公開』として、母親が長時間映ることに。その顔つきが、もはや北海道に住んでいたころの菊地本人ではと思えるほどソックリで、ついに後藤も正解にたどり着いていました。菊地の母親は地元の新聞では顔出しでインタビューにもこたえており、多少老けているのを除けば今でも娘にそっくり。母娘が似ているケースは珍しくないものの、もはや双子と思えるほどにそっくりなのは驚くばかりです」(前出・芸能ライター)

 この母親公開シーンに視聴者からも<めっちゃそっくりやな><お母さんが菊地亜美にしか見えなかったあ>との感想が漏れていたのも無理はないだろう。

 そして菊地は昨年8月に長女を出産。もしかしたら親子3代にわたってそっくりな祖母、母、娘になるのかもしれない。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 6/29 18:00
  • asageiMUSE

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます