『古畑任三郎』は2位…男が選ぶ「好きな刑事ドラマ」ベスト10

拡大画像を見る

 唯一無二の刑事像を作り上げた田村正和が逝去したことで改めて脚光を浴びることになった『古畑任三郎』。田村以外にも代表作が刑事ドラマという名優は少なくない。

 日本初の刑事ドラマと呼ばれている1957年放映の日本テレビ系『ダイヤル110番』から今年で64年、これまで伝説に残る刑事ドラマが数多く誕生。時代は昭和から平成、令和に変わっても刑事ドラマはテレビ界を支える定番コンテンツとなっている。

 そんな印象的な作品を残した刑事ドラマの傑作のなかでも特に熱い支持を集めている作品はなにか? 男が選ぶ「好きな刑事ドラマ」ベスト10を紹介!

◆10位 スケバン刑事 8%

 10位は1985年から1987年にかけてフジテレビ系で3シリーズにわたり放映された『スケバン刑事』。

 原作は和田慎二の漫画。札付きのスケバンだった主人公・麻宮サキがサキの父殺しの罪を着せられた母の死刑無期延期を条件にスケバン刑事となり、学園犯罪を追及する異色の刑事ドラマ。映画化やアニメ化などメディアミックスにも成功した。

 シリーズ第3弾は風魔忍者の末裔である風間三姉妹が主役となり、これまでの2作とは異なり、忍者モノやホームドラマなどあらゆる要素が組み合わさった作品となっている。

◆9位 時効警察 9.5%

 9位は2006年に誕生したオダギリジョー主演のテレビ朝日系で放映された『時効警察』。

 オダギリジョーが演じる総武署時効管理課の警察官・霧山修一朗は未解決事件を趣味で捜査する変わり者。そんな霧山に好意を持ちながら趣味の時効事件捜査に協力するのが麻生久美子演じる交通課巡査部長・三日月しずか。

 2007年、2019年に続編が制作されるなど、2人のドタバタしながら奮闘する「脱力系コメディ」が視聴者の心を掴んだ。

 各話、三木聡や岩松了、園子温といった映画、演劇で活躍するディレクターが監督を務めたことも話題に。

◆8位 太陽にほえろ! 11.5%

 第8位は1972年から1986年まで日本テレビ系列で実に718回放送された伝説の刑事ドラマ『太陽にほえろ!』。

 石原裕次郎演じる“ボス”という異名を持つ藤堂係長を中心に東京都新宿区矢追町所在の警視庁七曲警察署捜査第一係の刑事たちの活躍が描かれた。

 各刑事たちにはニックネームが与えられ、それぞれ細かなキャラクターが設定された。新人刑事の成長物語など今日の刑事ドラマにおける「定番」が数多く盛り込まれている。

◆7位 はぐれ刑事純情派 12.5%

 第7位はテレビ朝日系で放映された藤田まこと主演の人情刑事ドラマ『はぐれ刑事純情派』。1988年から2009年にかけてスペシャルも含めて444話放映された。

 藤田が演じる警視庁山手中央警察署刑事課・強行犯係主任「やっさん(安さん)」こと安浦吉之助が、強い正義感と人情で犯罪に苦しむ人々のことを考えながら捜査に挑む姿を描かれた。

 1970~1980年代に『必殺仕事人』シリーズで人気俳優となった藤田にとってはもうひとつの当たり役に。主題歌は一貫して堀内孝雄の新曲が選出。

◆6位 科捜研の女 13.5%

 第6位は1999年からテレビ朝日系で放映されている沢口靖子主演の長寿刑事ドラマ『科捜研の女』。最新はシーズン20。

 舞台は京都府警科学捜査研究所。沢口が演じる法医研究員・榊マリコがDNA鑑定・画像解析等を駆使し犯罪を解明する。

 これまでの刑事ドラマでは脇役として描かれることが多かった法医研究員にスポットライトを当てて大人気となった。

 2021年9月3日にはシリーズ初の映画作品『科捜研の女 -劇場版-』の公開を控える。

◆5位 西部警察 15.5%

 第5位は1979年から1984年にかけて3シリーズ、テレビ朝日系で放映された『西部警察』。石原プロモーション制作のハリウッド映画顔負けのアクションが一世を風靡した。

 コンセプトは「西部劇のようなイメージの刑事ドラマ」で派手な銃撃戦、カースタント、爆破シーンなどド迫力のアクションが満載。

「スーパーマシン」と称する特殊装備を備えた警察車両も登場して人気を呼んだ。

◆4位 相棒 19.5%

 第4位はテレビ朝日系で放映される水谷豊主演の人気シリーズ『相棒』。2000年からスタートし、最新はシーズン19。

 水谷が演じる、警視庁の「特命係」に所属する変人キャリア警官・杉下右京と、彼とタッグを組む相棒との捜査を描いた作品。映画はスピンオフも含めて6作品を生み、2000年代から2010年代を代表する刑事ドラマとなった。

 難事件に挑む中で、相棒や周囲の刑事たちとの人間模様、警察組織との摩擦、社会的な問題、官僚・政治家の陰謀といった複雑な伏線を散りばめながらクライマックスに向かっていくのが本作の特徴。

◆3位 あぶない刑事 25.5%

 第3位は1986年~1987年の1年間に渡り日本テレビ系で放映、。その後、映画化され大ヒットした『あぶない刑事』。

 横浜を舞台に、舘ひろしが演じる鷹山敏樹(タカ)と柴田恭兵が演じる大下勇次(ユージ)の神奈川県警港警察署捜査課の最強コンビの活躍が描かれた。

 派手なアクションと軽快なジョーク、都会的なファッションがこれまでの刑事ドラマの概念を変えた革命的作品。

 2016年に劇場映画第7作『さらばあぶない刑事』で、30年に及ぶ人気シリーズは完結を迎えた。

◆2位 古畑任三郎 31%

 第2位は1994年からフジテレビ系で放映された田村正和主演の『古畑任三郎』。

 田村が演じる警部補・古畑任三郎が、犯罪のアリバイやトリックを巧みな話術と卓越した推理力で突破し、完璧と思われていた犯行の真相を解明していく推理刑事ドラマ。

 毎回、犯人はゲストが務め、冒頭に犯行シーンから展開されてから、古畑が捜査と推理を進めていくというスリリングな攻防が見どころ。

 2006年の「ファイナル」放送後も新作が期待されてきたが、主演の田村が2021年に逝去。脚本を担当する三谷幸喜が「古畑を僕に書かせてくれたのは、紛れもなく田村さんです。田村さんがいなくなってしまった今、古畑任三郎が事件現場に戻ってくることはもうありません」とコメントした。

◆1位 踊る大捜査線 35%

 第1位は1997年にフジテレビ系で放映、その後は映画化され、スピンオフも含めて次々と大ヒットを飛ばした『踊る大捜査線』。

 織田裕二が演じる主人公・青島俊作は元々は営業マンだったが脱サラして警察官になったという変わり種。

 銃撃戦やカーチェイスといった派手な描写に頼ることなく、現実の警察組織と近い業務形態や実情を採用した作風が話題となった。

 映画で青島が発した「事件は会議室で起きているんじゃない、現場で起きているんだ!」は流行語に。2012年の映画『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』で15年に及ぶシリーズは完結。

 今回、ランクインした作品を見るとリアルタイムでの人気はもちろん、何度も再放送された作品が多い。『相棒』や『科捜研の女』、『はぐれ刑事純情派』、『西部警察』とったテレビ朝日系の刑事ドラマは時代を越えても繰り返し放送されていることで高い人気を継続してきたことがわかる。

◆男が選ぶ「好きな刑事ドラマ」ランキング

1位  踊る大捜査線 35%
2位  古畑任三郎 31%
3位  あぶない刑事 25.5%
4位  相棒 19.5%
5位  西部警察 15.5%
6位  科捜研の女 13.5%
7位  はぐれ刑事純情派 12.5%
8位  太陽に吠えろ! 11.5%
9位  時効警察 9.5%
10位 スケバン刑事 8%
(複数回答)

【調査概要】
調査方法:アイブリッジ(株)提供の「リサーチプラス」モニター(30~49歳男性)に対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2021年6月17日
有効回答者数:30~49歳男性200人


関連リンク

  • 6/30 15:52
  • 日刊SPA!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます