女の子「今日はパパのお葬式なの」 すると、犬が女の子に近付いて…?

拡大画像を見る

犬は私たちが思っている以上に人の感情が分かるといわれますが、まさにそれを証明するかのような出来事がありました。

アメリカのアーカンソー州に住むエミリーさんが、愛犬のブルーを連れて日課のジョギングに出かけた時のこと。

帰り道に葬儀場の前を通りかかると、そこにいた女の子が「あなたのワンちゃんをなでてもいいですか?」と大きな声で話しかけてきたのです。

エミリーさんは「もちろん!ご両親が構わないならいいわよ!」と笑顔で応えます。

すると女の子は少し微笑んでこういったのです。

「ママは中にいるわ。パパは死んじゃったの。今日はここでパパのお葬式なの」

それを聞いたエミリーさんが何かをいう前に、ブルーが女の子のほうへ向かって歩いて行き、彼女の前に座ります。

女の子はブルーの首に腕を回して優しくハグをしました。するとそんな女の子を慰めるように、ブルーは彼女の顔をなめ始めたのです。

Posted by Emily Beineman on Monday, April 19, 2021
Posted by Emily Beineman on Monday, April 19, 2021

女の子の名前はレイリンちゃん。

その時、周りにはレイリンちゃんの家族や友人たちが集まっていて、みんな目に涙を浮かべながら、その様子を見つめていたといいます。

同じく涙ぐんでいたエミリーさんは涙を拭いて、レイリンちゃんと少しおしゃべりをしました。

するとレイリンちゃんが「私のパパに会って!お願い!」といい出したため、エミリーさんは「あなたがそうしてほしいなら喜んでパパに会うわ!こんな格好でいいならね」といって2人は一緒に葬儀場の中へ。

そのままエミリーさんとブルーは葬儀に参列しました。

嬉しそうにブルーをなでているレイリンちゃんを見た彼女の叔母さんは涙を流しながら、エミリーさんの耳元でこうささやいたそう。

「神様があなたとブルーをここに連れて来てくれたんだと思います。ブルーがあの子に示してくれた愛情と優しさに、私たちは感動しました」

Posted by Emily Beineman on Monday, April 19, 2021

エミリーさんがこの出来事についてFacebookに投稿すると、10万件を超える『いいね』が集まり、「感動して泣いた」という声が多く寄せられました。

エミリーさんいわく、ブルーは誰かが悲しんでいる時や動揺している時、その感情を感じ取ることができるのだとか。

今日、神様が私たちに、この特別な少女に、彼女が人生でもっとも困難な日に出会わせてくれたことに感謝しています。

私は、起こるすべての出来事には理由があると強く信じています。そして、私たちはこの女の子に出会うことになっていたのだと信じています。

Emily Beineman ーより引用(和訳)
Posted by Emily Beineman on Monday, April 19, 2021

ブルーを抱くレイリンちゃんの笑顔は、父親を失ったばかりとは思えないほど幸せそうに見えます。

きっとレイリンちゃんの悲しみはこのひとときだけでも、ブルーによって癒されたのでしょう。

エミリーさんのいう通り、この日、この時間に、この場所で、彼女とブルーがレイリンちゃんに出会ったのは、偶然でなく運命だったのかもしれませんね。

[文・構成/grape編集部]

出典 Emily Beineman

関連リンク

  • 6/30 10:53
  • grape

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます