1個7円で国内製造ってマジすか!?業務スーパーの「肉肉餃子」&「ニラ餃子」の美味しい食べ方をご紹介

こんにちは!業務スーパー歴20年、趣味は貯金と節約の業スーマニア・三木です。

業務スーパーのヘビロテ食材はたくさんありますが、そのなかでも月1~2で購入しているのが「冷凍餃子」

店舗にもよりますが、業務スーパーは冷凍餃子の宝庫!種類豊富で、安くて味も美味しいので、節約&時短に欠かせません♪

今回は、コスパ優秀でアレンジしやすい「肉肉餃子」と「ニラ餃子」の2つをご紹介します。

「肉肉餃子」&「ニラ餃子」は1個7円と高コスパ!

▲肉肉餃子

▲ニラ餃子

・価格:各230円(税込)
・内容量:30個入り

「肉肉餃子」と「ニラ餃子」は、どちらも30個入り!

餃子は全部で30個入り!トレイにずらりと並んでいます。スーパーでよくみる、12個入りチルド餃子の倍以上大きいです。

価格はどちらも213円(税込)なので、餃子1個あたりの価格は…なんと約7円!もう手作りする気がなくなる、衝撃の安さです!!

※タレはついていないので、お好みのタレを用意しましょう。

激安なのに、国内製造品!

・原産国:日本
・賞味期限(期間):約5ヵ月

業務スーパーというと“外国産”の商品が多いイメージがありますよね。

確かに、値段の安い商品は外国産のものが多いです。しかし「肉肉餃子」と「ニラ餃子」は、京都の工場で作られている『国内製造品』。

野菜は中国産ではありますが、このコスパで日本製造というのはスゴいです…!

冷凍品なので、賞味期限は約5ヵ月と長め。ストックしておけば、疲れたときや時間がないときに助かります!

“パッケージ大きすぎ問題”はジップロックで解決!

業務スーパーの「肉肉餃子」と「ニラ餃子」は、A4サイズよりも大きなトレイに入っているので、保存場所に悩むのがネックです。

小さい冷蔵庫だと、縦でも横でも入らないことも…。

そんなスペース問題は、ジップロックに移せば解決できます♪

餃子をジップロックに入れると、トレイが不要になるので、場所をとりづらくなりますよ。ただし、夏場はすぐに溶けてきてしまうので、素早く移して冷凍庫に保管しましょう。

【裏ワザ】 “片栗粉”を付けてから焼き目がこんがり♪

「肉肉餃子」と「ニラ餃子」は、焼き・揚げ・蒸し、どれでも美味しい♪

わが家は、定番の焼き餃子で食べることが多いのですが…
焼く面に“片栗粉”をまぶしてから焼くと、何倍も美味しくなりますよ。



こんな感じに、焼く面に片栗粉をバウンドさせます♪あとは、フライパンで焼くだけ!!



カリッと香ばしく焼きあがります♪(この日はちょい焦げ??)

餡にはニラとキャベツがたっぷり入っていて、1個7円とは思えないボリューム。名前の通り、肉肉餃子は豚肉感が強め、ニラ餃子はしっかりニラの存在感があります。

「あと1品」にも重宝!カンタン中華スープ

わが家は、業務スーパーの冷凍ほうれん草とたまご、そして冷凍餃子のスープが定番!たった3分で作れてボリュームもあるので、おかずが物足りないときにもおすすめです♪

スープにすると、餃子の皮がもちもちになって絶品♪基本的にどんな野菜でも合うので、冷蔵庫の残り野菜と一緒に作るのも◎

「肉肉餃子」&「ニラ餃子」は、メイン・汁物どちらも使える!

業務スーパーの「肉肉餃子」と「ニラ餃子」を買っておくと、メインおかずがないときはもちろん、スープの具に迷ったときも役立ちます♪

餃子が好きな方、自炊に疲れてきた方は、ぜひ一度試してみてください♪

文・写真/三木 ちな

関連リンク

  • 6/27 7:45
  • 暮らしニスタ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます