梅雨の濡れた靴にはコレだ!使い捨てカイロでらくらく乾燥

拡大画像を見る

冬の時期に使い切れなかった『使い捨てカイロ』(以下、カイロ)。捨てるのはもったいないし、来年の冬まで取っておいても、あることを忘れてしまいそうですよね。

2021年は、例年より早い梅雨入りとなりましたが、雨の日が続くと靴が乾くまでに時間がかかり、室内で乾かすのも大変です。

そんな時、家にあるカイロを使って、濡れた靴を玄関に置いたまま乾かすことができたら、とても楽だと思いませんか。

今回は、片方の靴にカイロを2つ入れ、もう片方に新聞紙を入れて玄関に放置し、どちらが速く乾くか検証してみました。

カイロと新聞紙を丸めたものです。

つま先とかかとのほうに、カイロを入れます。

カイロを2つ入れたものと、丸めた新聞紙を2つ靴に入れたもので、15時からどちらが速く乾くか試してみました。

7時間後。靴の大きさや素材にもよりますが、カイロを入れた靴は、中の嫌な匂いや湿り気もなくなり、玄関に放置していただけでスッキリ乾かすことができました。

一方、丸めた新聞紙を入れた靴は、新聞紙が靴の中で湿ったままなので渇きが遅く、14時間近くかかってしまいました。

結果として、カイロのほうが、新聞紙よりも半分の時間で速く乾かすことができました。

夜に乾ききらなかった靴も、カイロを入れて乾かせば、翌朝には乾いているかもしれません。

扇風機に当てたりドライヤーを使う手間もなく、余った使い捨てカイロを入れて放置するだけのこの方法。ぜひ試してみてくださいね。

[文/AnyMama(エニママ)・構成/grape編集部]

関連リンク

  • 6/30 5:23
  • grape

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます