何気にタメになる! 恋愛に悩んだときにやってよかったこと4つ

いくつになっても恋に悩みはつきものですよね。ときには現状維持も大事ですが、それだけではどうにもならないこともあるもの。なにか一歩でも踏み出すことで、いまとは違った世界が見えるかもしれません。
そこで今回は「恋愛に悩んだときにやってよかったこと」をご紹介します。

1. 一度距離を置く

「彼に浮気されたけれどまだ好きだったとき。このままじゃダメだと悩んだ挙句、一度距離を置いてみることにしました。彼との連絡も遮断して冷静になったら、無事別れる決断ができました」(20代/食品)

▽ 問題が起きたにもかかわらず、好きだけで突っ走ってしまうと状況が悪化しがち。苦しくても1回立ち止まることで気持ちが落ち着きそうです。彼のいない生活に慣れたら、おのずと別れも視野に入れられそうですね。

2. 男友達に相談する

「交際は長いのに、なかなかプロポーズしてくれない彼に悩んでいました。普段男友達に恋愛相談はしないのですが、勇気を出して話してみることに。そうしたら『一家の大黒柱になるわけだし、男は結婚ってなると急に不安になるんだよね』『○○からさりげなくプロポーズを促してみたら?』とアドバイスされました。受け身すぎないでいることを心掛けたら、無事結婚までたどり着けました」(30代/接客)

▽ 恋愛相談ってつい家族や女友達にしがちですが、リアルな声を聞くには男性が一番かもしれません。彼の気持ちがわかるからこそ、的確なアドバイスをしてくれそうです。誰かひとりでも信頼できる男友達がいるとよさそうですね。

3. 掲示板で相談する

「別れるほどではないけれど、気になる彼のクセがありました。毎日悶々と悩んでいたので、匿名の掲示板で相談してみたんです。思ったよりも親身になってくれる人が多かったし、自分では気づかないような意見が聞けて新鮮でした」(20代/一般事務)

▽ ひとりで考えても答えが出ないこともあります。情報を選別する必要がありますが、客観的意見を聞くには掲示板が向いていたりするもの。身バレしない程度に相談すると、少し楽になれるかもしれません。

4. 占いに行く

「彼にフラれて苦しかったとき、ふと『占いに行きたい』と思って。最初は怖いことを言われるのではとビクビクしていたのですが、『いまはツラくても○歳までには結婚できますよ』と言ってもらえて救われました」(30代/通信)

▽ 苦しいときの慰めって、かえって落ち込む原因になったりするもの。また励ましの言葉とわかりつつもイラっとしてしまい、友達と不穏な空気になることも……。
でも占いというフィルターがかかると、意外とすんなり受け入れられたりするみたい。占いを鵜呑みにするのではなく、あくまでエンタメとして楽しむとよさそう。根拠がないからこそ、かえって希望が持てるかもしれませんよ。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 6/29 11:28
  • 女子力アップCafeGoogirl

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます