レンタル料が無料のウォーターサーバー5選|最安値は、クリクラの省エネサーバー

ウォーターサーバーはレンタルが基本

ウォーターサーバーは購入ではなくレンタルで利用するのが一般的です。

買い切りのウォーターサーバーも少なからず存在しますが、レンタルの方がウォーターサーバーの機種やキャンペーンの種類が多く、自分好みのスペックやプランを選びやすい傾向にあります。

また、ウォーターサーバーを購入・処分する費用やメンテナンス料、さらに別のウォーターサーバーに買い替える可能性を考えると、レンタルの方が費用面でもお得です!

買い切りウォーターサーバーの購入を考えている場合も、まずはレンタルでお試しをおすすめします。

レンタル料が無料のウォーターサーバーが多い

レンタルと聞くと、以下のようなことを考える人も多いです。

・毎月レンタル料がかかるの?
・自分のものじゃないのにレンタル料を払い続けるのは損した気分
・長くレンタルすると、購入するより出費が多くなるのでは?

レンタル期間中はずっと料金を支払い続けるもの、買い切りより高い費用を支払うことになるのでは、という不安です。

しかし、ウォーターサーバーのレンタル料はずっと無料というメーカーも多くあります。

○ウォーターサーバーの料金が無料になる仕組み

レンタル料が無料になるのはそのからくりは、水ボトル代やその他の手数料での料金回収にあります。

レンタルするウォーターサーバーの中には毎月の注文ノルマを設け、未達成の場合は手数料が発生する場合も。レンタル代以外の部分で料金の元が取れるため、サーバーレンタル代を無料にしているメーカーが多いのです。

しかし、自分のライフスタイルに合わせたプランを選べば損はしません。レンタル料以外の科目もしっかりとチェックしましょう。

○レンタル料が有料のウォーターサーバーの違いは?

レンタル料が無料のサーバーが多い中で、有料のサーバーもあります。

無料と有料の違いはウォーターサーバーの機能面やデザイン性です。

サーバー本体のデザインがおしゃれだったり、独自の機能が付いていたりと、サーバーレンタル料がかかるものは+αのスペックが豊富。その分、ユーザーの人気もあり魅力的です。

○ウォーターサーバーの勘定項目

ウォーターサーバーをレンタルする際の勘定項目は、主に以下が挙げられます。

・サーバーレンタル料
・水ボトル代
・電気代
・配送料
・メンテナンス料

水ボトル代は軽減税率の適用で8%の消費税、それ以外の項目は10%の消費税です。

契約プランやウォーターサーバーの機種によって料金が変動しますが、大まかな相場はこれらの勘定科目から判断できます。

▼ウォーターサーバーの値段を徹底比較▼

値段が安いウォーターサーバーランキング10選|サーバー代や水代を徹底比較

レンタル料が無料の人気ウォーターサーバーおすすめ5選

スタイリッシュサーバー

雄大な富士の天然水をおしゃれサーバーで

『富士の天然水 さらり』が飲める『うるのん』。『スタイリッシュサーバー』はテレビドラマにも採用され話題になったおしゃれなデザインが人気。インテリアになじむ見た目だけでなく、安全性・利便性を兼ね備えたボタン式だから操作性も抜群。解除5秒後に自動ロックされる「やけど防止ロック」がついているので、子どものいる家庭でも安心です。メンテナンスは3年に一度、無料の定期交換があります。

スリムサーバーIII(ロングタイプ)

6ヶ所の採水地から採れた天然水!3年パックでよりお得に

富士吉田・富士・北アルプス・朝来・金城・南阿蘇が採水地の天然水を使用。4色から好きなカラーを選べる、スタンダードタイプです。ボトルカバーカラーも選べます。また、エコモード搭載で、使用時は通常の約2割減が目安。サーバーレンタル料などの手数料もほとんどかからず、毎月の水代だけ! 水代もPREMIUM3年パックを利用することでよりお得になります。ウォーターサーバーを長期的に、安く使いたい人におすすめです。

クリクラ省エネサーバー S型

ウォーターサーバーの悩み種“電気代”を大幅に削減

省エネ機能をパワーアップした『クリクラ』の『クリクラ省エネサーバー』。卓上型で置き場所を選ばないスタイリッシュなデザインが特徴的です。タンク内の保温性能アップに加えてサーバータンク内の熱効率が向上。『クリクラサーバー』と比較して約55%の電気代削減を実現しました。ドリップトレイは全3種類から選択が可能。温水コックはチャイルドロック付きで、子どものイタズラや誤作動による事故を防ぎます。

SIPHON+ ショートタイプ

レンタル無料の定番人気モデル!3種類の天然水の中から選べる

スタイリッシュなサーバーが多い『フレシャス』の中でも『SIPHON+』は定番の人気モデルで、レンタル料が無料です。3種類の天然水の中から好きなタイプを選べます。エコモードとUV-LFD殺菌を搭載しており、衛生面が気になる人や電気代が気になる人にも配慮。7.2Lは1回の最低注文本数が1箱(4パック)なので、水をよく消費する人におすすめです。

サントリー天然水 ウォーターサーバー

使いやすさと高機能を両立したウォーターサーバー

『サントリー』が提供するサントリー天然水 <南アルプス>を使った『サントリー天然水 ウォーターサーバー』。熱水を循環する“おいしさキーパー”や4段階の温度設定、2重のチャイルドロック機能を搭載。ユーザーの声を反映した軽量天然水ボックスは、女性や年配の方でも簡単に交換可能です。使いやすさと高機能を両立しています。カラーラインアップはホワイトとブラックの2種類。弱温・弱冷モードに切り替えると電気代の節約にも◎。

レンタル料が無料のおすすめウォーターサーバー比較一覧表

ウォーターサーバーにかかる料金を算出|最安値はクリクラ

LIMIA編集部で独自に費用を算出したところ、今回ご紹介したウォーターサーバーの中では『クリクラ』の『省エネサーバー』が最安値でした。

『クリクラ』公式サイトに記載している料金から算出した一か月のレンタル料金の内訳を説明します。

・サーバーレンタル料:無料
・水ボトル代:4,380円(税込)/月 ※クリクラボトル(12L)×3
・電気代:756円(税込)/月
・配送料:無料
・メンテナンス代:460円(税込)/月
・合計:5,596円(税込)/月

ただし、レンタル料が安いウォーターサーバーが自分に適しているとは限りません。

料金が安くてもサイズが合わず置き場所がなかったり、求めている機能がなかったりします。どのようなウォーターサーバーが適しているかは人それぞれです。

ここでは最安値を算出しましたが、ほかのウォーターサーバーでも大きく相場から外れるケースは珍しいです。自分のライフスタイルに合ったものを選びましょう。

参照:『クリクラ』公式サイトより(https://www.crecla.jp/)

レンタル期間中にウォーターサーバーが壊れたら

ウォーターサーバーは精密な機械のため、ときにはレンタル期間中に故障する可能性もあります。

いつものように冷水や温水が使えないため不便ですが、何よりも修理代や交換費用の発生が心配になるもの。しかし、レンタル中の通常使用の範囲内であれば無償で修理・交換してくれるメーカーは多いので安心です。

ただし、契約者の故意的な過失による故障や破損の場合は実費で支払うこともあります。

対応はメーカーによって異なるため、契約するウォーターサーバーの公式サイトやカスタマーサービスで確認しましょう。

ウォーターサーバーは短期間のレンタルも可能

「水の消費量が多い夏の間だけレンタルしたい」「1日だけお試ししてみたい」という需要に応える、短期間のウォーターサーバーレンタルをしているところもあります。

ウォーターサーバーの契約期間は、2~3年で設定していることが多いです。長期利用を前提とした契約で短期間の解約をすると、高額な解約手数料がかかる場合も。

しかし、短期間のレンタルを前提に契約すれば、途中解約による手数料もかかりません

一般的なウォーターサーバーに比べて割高ではあるものの、解約手数料の支払いを考えると短期間契約の方が安く済むケースもあります。

ウォーターサーバーをレンタルして暮らしを便利にしよう!

水は生活に欠かせないもの。だからこそ、おいしく飲めるウォーターサーバーがおすすめです。

何を基準に選べばいいかわからないという人は、今回ご紹介したレンタル料が無料のウォーターサーバーから選ぶのが◎。ウォーターサーバーはいつでもおいしい水が飲めるだけでなく、コーヒーや紅茶、お料理にも使えたり、赤ちゃんのミルク作りにも利用できたりと大活躍です♪

自分に合ったウォーターサーバーを探してみてくださいね。

▼LIMIA編集部が選ぶおすすすめのウォーターサーバー▼

【2021年版】ウォーターサーバーのおすすめ10選|気になる電気代や水代を徹底比較!

※記載している商品情報は、LIMIA編集部の調査結果(2021年6月)に基づいたものです。
※お手入れをする際は、必ず電源プラグを抜いてから作業を行ってください。
※製品によって、お手入れのしかたは異なりますため、必ず製品の取扱説明書に従って作業を行ってください。
※一部の画像はイメージです。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 6/29 18:30
  • LIMIA

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます