伊代表DFアチェルビ、準々決勝へベルギーのエースを警戒「多くの違いを生み出す」

拡大画像を見る

 イタリア代表DFフランチェスコ・アチェルビがEURO2020について語った。28日付けでイタリアメディア『Football ITALIA』が伝えている。

 27日に行われたEURO2020ラウンド16でオーストリアに勝利したイタリアは、来月3日に準々決勝ベルギー戦を迎える。同試合の出場が予想されるラツィオ所属のアチェルビは、同じセリエAのインテルでプレーするルカクに警戒心を示した。取材に応じた際、その印象を以下のように語っている。

「ルカクを止めるには、チームとしての守備が必要だ。それが個人を止める方法だと思う。彼は素晴らしいストライカーで、セリエAでは多くの違いを生み出す。ケヴィン・デ・ブライネやエデン・アザールなど多くの優れた才能を持つベルギー代表でも、違いを生み出している」

「彼は常にこちらの気を引き締めてくれるストライカーだ。彼とはすでに何度か対戦しているが、彼に50パーセントのチャンスを与えれば得点してしまうことを知っている。今回の試合ではグループやチームが決定的な意味を持ち、イタリアにとっては厳しい戦いになるだろう。しかしベルギーにとってもまた難しい試合になると思っている」

 そしてアチェルビは、ここまで4戦全勝のイタリア代表について「このチームの素晴らしいところは、全員が自分のすべきことを理解していて求められればすぐに対応できることだ。このシャツを着てイタリア人全体を代表して、最後までやり遂げたいと思っている。今は全ての試合がノックアウト方式で少しの運も必要だが、きっと素晴らしいことができると信じているよ」と語り、チームの状態に自信を示している。

関連リンク

  • 6/29 18:55
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます