一人暮らしにおすすめのウォーターサーバー11選!失敗しない選び方とメリット

一人暮らしでもウォーターサーバーがおすすめの理由

ウォーターサーバーは、手軽に水やお湯が出せる便利なものですが、契約するのはハードルが高いアイテムと考える人が多いです。

「一人暮らしの人にウォーターサーバーって必要?」「一人暮らしのウォーターサーバーなんて贅沢」

このような理由から、契約に踏み込めないことも。いらない・贅沢と思われがちな一人暮らしでも、ウォーターサーバーにはメリットがあります。

○ウォーターサーバーのメリット

下記のような人は、ウォーターサーバーのメリットを生かせます。

・水が買うのは面倒だが、おいしい水を飲みたい人
・冷水・温水を手軽に使いたい人
・自宅にいる時間が長く水やコーヒーをよく飲む人

ウォーターサーバーがあると、喉が乾いたときすぐに冷たい水が飲めます。さらに、熱々のコーヒー・お茶が飲みたいときや、インスタント食品を作りたいときにもお湯がすぐに使えるので、仕事や家事で何かと忙しい一人暮らしにも便利です。

水道水を浄水するタイプのウォーターサーバーもありますが、水を宅配してくれるタイプのウォーターサーバーはおいしい天然水が飲めます。毎月決まった日に水を自宅まで届けてくれるので、自分で水を用意する必要がありません

○家で水をあまり使わない人には向かない

冷水や温水をすぐに使えるウォーターサーバーですが、外出が多くて自宅で水やお湯を使う機会がない人だとメリットをあまり生かせません。

ウォーターサーバーは水を毎月定期的に配達する契約パターンのメーカーが多いです。水の配送を一時的にストップできるウォーターサーバーもありますが、水の購入ノルマの縛りによって配送ストップ手数料がかかるなどデメリットが目立つように。

自宅であまり水を使わない場合は、一人暮らしに限らずウォーターサーバーの恩恵を十分に受けられないため不向きといえます。

一人暮らしのウォーターサーバーはどう選ぶ?

ここからは、一人暮らし向けのウォーターサーバーの選び方をご紹介します。

どんな風にウォーターサーバーを選べばいいかわからない人は、以下の項目を参考に自身がウォーターサーバーを使用したときのことをシミュレーションしましょう。

○まずは一ヶ月に使う水の量をチェック

一人暮らしの人が使う1ヶ月の水の量は、200mlの水を1日2杯飲んだ場合だと約12Lです。

飲料水としてだけでなく、料理など別の目的でも使用する場合は水の消費量がさらに多くなるので、大体24Lが目安となります。

○水の量からかかる月額費用を計算する

月額料金には、以下の科目が含まれることが多いです。

・水ボトル代
・サーバーレンタル代
・電気代

一ヶ月に使う水の量によって、毎月注文する水の本数と費用が算出できます。

サーバーのレンタル料は無料のところが多いですが、デザインや機能にこったものを選んだり、水の注文ノルマに達しなかったりした場合は、レンタル料が有料になることも。およそ1,000円以下でおさまります。

さらに常に電源をつなげておく必要があるため、サーバーの機種や電気の契約プランによりますが、月に500円〜1,000円ほど電気代もかかります

一か月の電気代を明記しているメーカーもありますので、チェックしてみましょう。

電気代が安いウォーターサーバーはどれ?人気製品5つを比較!節約のコツも

○一人暮らしなら注文ノルマのない契約タイプがおすすめ

一人暮らしでウォーターサーバーを使うなら、注文ノルマがないメーカーを選ぶのもひとつです。

メーカーによりますが、1ヶ月の水の注文でノルマを達成できないと別途レンタル料金がかかる場合も。

そのため、自分が使う1ヶ月の水の量をチェックしてノルマの本数を達成できないと判断したら、注文ノルマがないメーカーを探してみましょう。

○意外と見落としがち!水の交換・配達方法

水の交換及び配達方法も要チェック。宅配方法には、主に以下の2種類があります。

・水のボトルを各家庭で破棄するワンウェイ方式
・毎月回収されるリターナブル方式

一人暮らしで留守にすることが多く、水ボトル配送日に在宅する手間をかけたくなければ、ワンウェイ方式がおすすめ。

リターナブル方式は、空になった大きいボトルを回収日まで家で保管する必要があるため、置き場所の確保も必要です。しかし、リターナブル方式よりもワンウェイ方式のほうが水の値段が高い場合も多く、トータルの使い勝手と値段を考慮して選びましょう。

○設置場所を決めてサイズ・デザインを選ぶ

一人暮らしなら、サーバーを置くことで圧迫感や生活動線に使いにくさがでないようにすることが大切。設置場所を工夫したり、卓上タイプやスリムなタイプのサーバーを選ぶのもひとつです。

ウォーターサーバーは、インテリアになじみやすい白いボディのサーバーが多く、デザインがおしゃれでインテリアになじみやすいモデルも展開しています。

・場所は取るけど転倒しずらい床置きタイプ

床置きタイプは高さがあるのが特徴で、場所は取りますが重量もあるので転倒しづらいです。スペースに特に問題なく設置が可能な場合や、転倒の防止を優先するのであれば床置きタイプを選ぶのも◎。

・ワンルームなら卓上タイプがおすすめ!

置き場所に迷ったり、広いスペースを確保できなかったりする場合は、卓上タイプのウォーターサーバーを選ぶのもひとつの方法です。家具の隙間やラックや棚の上に設置できるので、ワンルームや、部屋が狭い方にもおすすめです。

○チャイルドロックの有無・機能の解除ができるかの確認

チャイルドロックは主に熱いお湯でやけどしないように、温水コックについている機能。しかし、一人暮らしの場合はこのチャイルドロックがお湯を出す前の一手間になってしまいます。

サーバーによってはチャイルドロック機能を常に解除できるものもあるので、選ぶ際はチャイルドロックの有無とチャイルドロックを取り外しできるかチェックしましょう。

偏った選び方は失敗のもと!5つの注意点

ウォーターサーバーの選択をする際、値段の安さやデザイン性など、何かに偏った選び方をすると失敗する場合があります。

ウォーターサーバーを選ぶ際は「料金が安い」「デザインがいい」だけでなく、メーカーのサーバーを総合的に見て、自分に最適なのかを見極める必要があります。

主にウォーターサーバーを選ぶ際は、以下の点に気をつけましょう。

○費用が高くて続けられない

一人暮らしのウォーターサーバーは便利ですが、選び方を誤ると費用が高くて家計を圧迫してしまうことに。

ウォーターサーバーにかかる主な費用は、水ボトル代、サーバーレンタル代、電気代。月々の総合費用を計算して、続けられる費用かどうかを検討するのがおすすめです。

○ノルマを消費できなくて、水が溜まってしまう

注文ノルマを設けているウォーターサーバーの場合、一人暮らしで飲料だけの使用目的だと消費が追い付かず水が溜まりやすいです。

そのため、水の配送をスキップできたり、一時休止に対応したりしているメーカーをあらかじめチェックしておくと良いでしょう。

○水が重くてサーバーにセットするのが面倒

ウォーターサーバーは、ボトルの水が無くなったら新しい水に交換する必要があります。

重い水を持ち上げるため、交換に負担を感じたり、面倒だと思う可能性が高いならボトルのセットする位置がサーバー下部になっているタイプを選ぶのが良いでしょう。

また、一人暮らしの人に最適な1パック5〜7Lが選べるメーカーもあるので軽めの水で注文するのもおすすめ。

○静音モードの有無。寝るときに動作音が気になる場合も

特にワンルームや壁の薄いアパートなどに住む一人暮らしの人が気になるのは動作音です。コンプレッサーの音や壁に密接した際におこる共鳴音などが気になる場合もあります。

就寝時にウォーターサーバーとの距離が近くなる人は、静音モードが搭載されているウォーターサーバーを選ぶのもひとつです。

○配達調整ができず、不在時に受け取れない

一人暮らしの悩みどころとして挙がるのは、水を受け取るタイミングです。

特に仕事で日中留守にしがちなので、水の配達日調整ができなかったり、不在時に受け取れないメーカーを選んでしまうと負担になります。

そのため、契約する前に配達の時間やタイミングを詳しく問い合わせたり、そもそも配送日の調整ができるウォーターサーバーメーカーを選んだりするのがおすすめです。

一人暮らしにおすすめ!ウォーターサーバー11選

ここからは一人暮らしの人におすすめのウォーターサーバーを、シチュエーション別に分けてご紹介します。人気のモデルから一人暮らしにぴったりな機能を搭載しているものまで厳選しました。

○毎月の注文ノルマがないウォーターサーバー

水ボトルの注文ノルマを設けていないウォーターサーバーを紹介します。

毎月のノルマを気にしながら水を使う必要がないので、気楽にウォーターサーバーを利用できます。ただし、毎月のノルマはなくても“3ヶ月に〇本以上”といった長期的な縛りを設定している場合もあるので、契約前に確認しておきましょう。

エコサーバー

自動クリーニングで採水したてをキープ。最大42%の節約効果も

採水したての新鮮でおいしい味をキープするための自動クリーニング機能を搭載。省エネ機能で、電気代を従来よりも最大42%節約できます。エコモード中のお湯は約65℃で、お湯割りや就寝前の温かい飲み物など、ぬるま湯ならではの使い勝手の良さがあります。大きさはスタンダートサーバーと変わらず、ツヤ感のある真っ白なデザインで部屋のどんなインテリアにもマッチ。提供エリアは一部エリアを除き、関東圏(東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県・茨城県)です。

アクアファブ

グッドデザイン賞を受賞した人気モデルでスタイリッシュなデザイン

2018年度にグッドデザイン賞を受賞した、『アクアクララ』の中でも人気のモデル。スタイリッシュで心地よいデザインと、どんな空間にもなじむホワイト&ブラックのカラーバリエーション。着脱式ボトルカバーで水ボトルを隠せるため、ウォーターサーバーをインテリアとして見せられます。抗菌加工を施したエアフィルターを使用していて、サーバー内部をいつでも清潔に保つことが可能。

エコパック サーバー

富士鳴沢の新鮮な天然水!ペルチェ方式冷却システムで静音効果◎

『シンプルウォーター』の水は富士鳴沢の天然水、鳴沢森林水を使用しています。標高1,100m、深さ200mの富士山の大自然に最も近い井戸から採水したバナジウム天然水。水のエコパックはビニールパック仕様なので、空気に触れず飲む直前まで真空状態をキープしています。また、ペルチェ方式の冷却システムで、冷却時の音も小さいです。メンテナンスは別売りの洗浄水で年に1回タンク内を洗浄するだけ。

○【1ヶ月12L消費向け】一人暮らしの水の消費量に適したウォーターサーバー

1人暮らしの場合、水の消費量はおおよそ12Lです。ウォーターサーバーの注文ノルマは24Lが多いため、使い切るには2ヶ月かかる計算になります。

そこで役立つのが“配送スキップ”。1ヶ月間だけ配送をスキップすることによって、水の消費期間を1ヶ月から2ヶ月へ延ばせます。

配送スキップする場合は次回配送日の数日前に連絡が必須。メーカーによって対応期間が異なるので、事前にチェックしましょう。

smart

ユーザーの意見に寄り添うウォーターサーバー

価格で選ぶなら業界最安クラス『ワンウェイウォーター』の『smart』。サーバー下部に水ボトルのセット場所を配置し負担を軽減。女性や年配の方でも水換えが楽々です。空ボトルはつぶして処分でき、ゴミもかさばりません。使わないときは省エネecoモードで電力を50~60%オフに。静音モデルなので、寝室に置いても音を気にせず眠れます。カラーラインアップは部屋になじむ5色を展開。レンタル料や水の配送料は0円で定期メンテナンス不要と、家計にやさしいウォーターサーバーです。

smartプラス

汲みたて天然水を直送!Wクリーン機能で最後の1滴までおいしい

日本でも指折りの採水地の静岡・京都・大分から、汲みたて天然水を48時間以内に直送。コスモウォーター独自の“Wクリーン機能”を搭載しており、天然水の鮮度を守ってくれます。そのため、最後の1滴までおいしいです。また、デザインにもこだわっており、シンプルでスマート。カラーは5色がそろっていて、自宅のインテリアに合わせて好きな色を選べます。消費電力を最大60%カットできるエコモードも搭載しています。振動音、稼働音を30%削減しているので、寝室での使用もおすすめ。

スリムサーバーIII(ロングタイプ)

6ヶ所の採水地から採れた天然水!3年パックでよりお得に

富士吉田・富士・北アルプス・朝来・金城・南阿蘇が採水地の天然水を使用。4色から好きなカラーを選べる、スタンダードタイプです。ボトルカバーカラーも選べます。また、エコモード搭載で、使用時は通常の約2割減が目安。サーバーレンタル料などの手数料もほとんどかからず、毎月の水代だけ! 水代もPREMIUM3年パックを利用することでよりお得になります。ウォーターサーバーを長期的に、安く使いたい人におすすめです。

○【1ヶ月15L消費向け】自炊でもサーバーの水を使う人におすすめのウォーターサーバー

よく水を飲む方や自炊にもサーバーの水を使いたい場合は、12Lだと足りないこと。そんな方には3ヶ月で45.6Lがノルマの以下2つのウォーターサーバーがおすすめ。こちらのサーバーなら、1ヶ月にならすと15.2Lの水を消費すればいい計算です。

ただし、3ヶ月に2箱(ボトル数4本)の注文ノルマがクリアできていなかった場合、サーバーレンタル代がかかります。注文するタイミングには注意しましょう。

スタンダードサーバー

のどごしスッキリの超軟水。国内トップクラスの標高を誇る矢沢水源

初期費用やレンタル料、メンテナンス料が無料で、必要な料金は注文した水の分だけ。『信濃湧水』の水源は矢沢水源で、国内トップクラスの標高を誇ります。硬度16の超軟水なので、のどごしがスッキリとしています。使い切りのワンウェイボトルなので、保管する必要がなく使用済みボトルが部屋を圧迫しません。関東地区は運営会社直送のトーエル配送につき、2箱から配送が無料です。関東地区以外の本州は、宅配便にて1箱から配送無料でお届け。

スタンダードサーバー

ハワイの天然水から生まれた純水。徹底した品質管理で安心

美しい自然と、澄み切った空気に包まれた島・ハワイの貴重な天然水を、新しい技術で分子レベルまで磨き上げた『ピュアウォーター』。徹底した品質管理を行なった水を楽しめます。ボトルにもこだわっており、ハワイアンジュエリーをモチーフにしたハワイ感溢れるデザイン。ボトルのサイズは2ガロンと3ガロンから選べます。冷水と温水機能を搭載。万が一停電したときでも、常温の水を使えます。2年に1度、無料のメンテナンスを実施。

○狭い部屋でも設置しやすいコンパクトなウォーターサーバー

1Kや1Rなどの専有面積が狭い部屋に住むことも多い一人暮らし。ウォーターサーバーの設置場所を極力取らないよう、本体のサイズがコンパクトなモデルをおすすめします。

エアレス ウォーターサーバー

独自のエアレス給水で衛生的!売り切りなので定期料金はなし

銘水の岐阜県『養老の滝水』が楽しめるウォーターサーバー。独自のエアレス給水で外気が入らないため、衛生的な環境下の水を飲めます。また、水圧ポンプ式は電気を必要としません。そのため、災害時の停電などでも利用できます。モーターを使用せず稼働音も静か。温水オフ設定もあり、省エネ効果が期待できます。サーバー本体はレンタルではなく買い切りのため、定期購入や違約金はなし。毎月かかるのは水代と電気代のみです。

dewo mini

エコモードで省エネを実現できる

温水の保温にかかる無駄な電力を徹底的にカットしている『FRECIOUS』の『dewo mini』。お湯をあまり使わない就寝時や外出中、夏場などに温度を低めの70度に設定できるエコモードを搭載。ホットドリンクを飲まない季節も効率的に電気代をカットできます。さらに、SLEEP機能は、部屋の明るさを自動で感知し、温水の電源を一時的にオフに、不要な電力の消費を抑えます。気になる月々の電気代は約490円/月~と、従来品に比べて約1/3の消費電力を実現しました。

クリクラFit

どんなインテリアにもFitするウォーターサーバー

『クリクラ』がデザインを追及した『クリクラFit』。スリムなスタイリッシュサーバーです。ボトルカバーを付けると、ウォーターサーバーであることを忘れてしまうほどスタイリッシュ。側面のスリットから水ボトルの残量を確認できます。抗菌加工を施し温度調節機能を搭載するなど、デザインだけでなく機能面も向上しました。カラーラインアップはどんな部屋にもなじむクールホワイトとブルーブラックの2色。

一人暮らしにおすすめのウォーターサーバー比較一覧表

ウォーターサーバーはいざというときにあると安心?

日本は地震や台風、大雨洪水など災害リスクが高い国です。東日本大震災で停電が長期間続き、避難生活を余儀なくされてしまった人がいました。

災害に備えて、備蓄しておくと安心なのが水です。ウォーターサーバーはローリングストックもできます。ローリングストックとは日常で使うウォーターサーバーの水を少し多めに注文しておき、使った分だけ買い足すことで災害時に使用する水も確保しておく備蓄方法のことです。

さらに、ウォーターサーバーの中には電力がなくても水が出せるタイプもあります。主にボタン式ではなくコックやレバータイプであれば電力が不要なので、災害時でも利用可能。ただし、電力がないため冷水・温水機能は使えず、出てくる水は常温です。

○水の交換方式で災害時の配達にも違いがでる

災害時を想定した場合、ワンウェイ方式ではなくリターナブル方式の方が災害に強い傾向にあります。リターナブル方式を採用しているメーカーは自社でボトルを回収しているので、災害時でも独自の流通経路で配達してくれる可能性があるためです。

ワンウェイ方式の場合はボトルの処分を契約者に任せているため、配達を宅配業者へ委任している場合が多いです。そのため、災害時は水が届くのに時間がかかる可能性があります。

ウォーターサーバー は一人暮らしでもコスパが高い♪

ウォーターサーバーは一人暮らしでも、自分のライフスタイルに合わせて選べば、コスパも良く利用できます。

導入を検討している人は、使用する水の量や月々の料金などを把握した上で、いざというときの対策として前向きに考えてみても良いですね。

▼ウォーターサーバーを徹底比較した記事はこちら▼

【2021年版】ウォーターサーバーのおすすめ10選|気になる電気代や水代を徹底比較!

※記載している商品情報は、LIMIA編集部の調査結果(2021年6月)に基づいたものです。
※お手入れをする際は、必ず電源プラグを抜いてから作業を行ってください。
※製品によって、お手入れのしかたは異なりますため、必ず製品の取扱説明書に従って作業を行ってください。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 6/29 18:11
  • LIMIA

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます