「販売員が本当に買っている家電」ボーナス商戦で注目の高コスパ商品6選

拡大画像を見る

―[家電屋さんのトリセツ]―

 皆さん、こんにちは。関東の某家電量販店に、十数年間務めている店員のスズキです。黒物から白物まで、ジャンルを問わずさまざまな商品の販売に携わり、店長も務めたことがある私が、日々の生活に役立つ家電の情報をお届けしていきます。

◆夏のボーナスで家電を買うなら…

 今年も夏のボーナスが支給される嬉しい時期がやってきましたね。この時期は顧客の購入意欲が高まるので、家電量販店にとっても大事な書き入れ時。競合他社との価格競争が激しくなるぶん、価格が崩れやすくなっています。

 そこで今回は、過去に取り上げた製品の中から、「高額家電」を選んで「夏のボーナスで家電販売員が本当に買っている6機種」を紹介したいと思います。

 最新の実勢価格などもまとめていますので、過去の記事に目を通してくれた方も、改めてチェックしていただけると嬉しいです。

◆1年中、快適な室内空間にしてくれるエアコン

 まずは、これからますます需要が伸びるエアコンの中から、「AN40YRP-W」を紹介します。

 ’20年11月に登場したこの製品は、エアコンで圧倒的なシェアを誇る、ダイキンのうるさらXの高性能モデル。実勢価格は、以前取り上げた時よりも3万円程度値下がっていて、30万円前後になります。

 一番のセールスポイントは、冷暖房を行いながら換気ができること。スマホアプリの「Daikin Smart APP」にも換気ボタンを搭載していて、外出先や他室からでも換気運転が行えるので、コロナ禍の生活にピッタリです。

 人を検知して換気量を調整する「センサー換気」により、賢く換気運転を行ってくれるのも頼もしいですね。

 さらに屋外の水分を取り込む加湿ユニットを室外機に搭載。空気とともに給気することで、換気しながら室内を加湿する「うるる加湿」にも対応しています。今回、取り上げたモデルの中でも特に高価ですが、除湿と加湿のコントロールで一年中快適な空間にしてくれます。

 人が多く集まるリビングで通年使えることを考慮すると、値段以上の価値はあるのではないでしょうか。

◆オリンピックを有機ELテレビで楽しむなら…

 続いては、売れ筋の55インチの「有機ELテレビ」です。イチオシは、SONYのBRAVIA「XRJ-55A90J」になります。’21年5月に発売した最新モデルで、実勢価格は30万円前後です。

 認知特性プロセッサー「XR」により、複数の画質要素を横断的に分析・処理することが可能に。

 人が目で感じる自然な美しさと、サラウンドと定位感が向上した音の臨場感が相まって、究極の没入体験を実現しています。

◆夏場にありがたい「クイック冷却」ができる冷蔵庫

 冷蔵庫も高額家電のひとつです。特にオススメなのは、’20年10月に発売された日立の「R-H48N」で、容量は475Lです。実勢価格が18万円前後と、以前取り上げたときとほぼ同じです。

 特筆すべきは2℃という少し低めの温度と約80%の湿度を保つ、「まるごとチルド」を搭載していること。すべての冷蔵室をチルドとして使用できるので、食品の鮮度が長持ちしますし、サラダにラップをかけなくていいなど、管理も楽になります。

 冷蔵庫に入れ忘れていたビールを急いで冷やしたいときに便利な「クイック冷却」や、凍らせない約-1℃で乾燥を押さえて肉や魚を美味しく保存する「特鮮氷温ルーム」を搭載しているのもうれしいですね。

◆AIが最適な洗い方を判断する洗濯機

 テレビ、冷蔵庫と続けば、やはり洗濯機ですよね。ドラム式洗濯乾燥機と縦型洗濯機をそれぞれ紹介しますので、ご自宅の環境に合わせてベストな製品を選んでください。

 ドラム式洗濯乾燥機は、’20年9月に発売された日立の「BD-SX110F」がいいでしょう。以前取り上げたときは実勢価格が20万円ほどでしたが、現在は18万5000円程度になっているのも新たな魅力です。

 BD-SX110Fは液体洗剤や柔軟剤を洗濯機が適量自動投入してくれるほか、洗剤の種類や布質、汚れの量などをAIが判断。

 洗い方や洗濯時間も自動判定してくれるので、とにかく洗濯が楽になります。

◆衣服へのダメージが少ないメリットも…

 スマートフォンと連携できる機能も便利。リモート機能で洗濯終了時間を設定できますし、操作を動画で説明してくれます。

 また、時速約300kmの高速風を吹きかけてシワを伸ばす、「風アイロン」を採用しているのもポイント。

 ほかのメーカーよりも、シワが少なく乾燥できるので、衣類を大切に長く使いたい人にピッタリです。

◆コスパがさらに上昇した万能縦型洗濯機

 一方、縦型洗濯機は、’20年6月に発売されたパナソニックの「NA-FA80H8」がオススメ。過去に取り上げたとき、実勢価格は7万1000円前後でしたが、現在は6万6000円程度になっています。

 NA-FA80H8は「泡洗浄」と「パワフル立体水流」で強力な洗浄力を実現した機種。パワフルですが、静音性もバッチリです。

ビッグサークル投入口」で衣類の出し入れをラクに行えますし、手を汚さず糸くずが捨てられる「楽ポイフィルター」を採用しているのも好印象。

 ボタンが後ろに配置されていて、子供が触りにくいのも安心ですね。パワフルで静か、お手入れもしやすいので、どなたにでもオススメできる機種となっています。

◆乾燥機能付き洗濯機も便利

 ただ、ボーナスで購入するには安価な製品なので、予算に余裕がある方は、’20年7月に発売された日立の「ビートウォッシュ BW-DX90F」も狙い目です。

 現在の実勢価格が約12万前後と、以前取り上げたときとほとんど変わっていませんが、高価な理由は乾燥機能が付いているから。

 ドラム式洗濯乾燥機を導入したかったけど、設置箇所や搬入経路の問題で諦めた方にイチオシの機種となっています。

 乾燥機能のほかにも、洗濯のたびに適量の液体洗剤と柔軟剤を自動で投入してくれる機能や、洗い方や時間を自動で判断する「AIお洗濯」など便利な機能が満載です。

◆ミラーレス一眼の実力派モデル

 最後はミラーレス一眼です。まだまだ予断を許さない状況が続いていますが、緊急事態宣言が解除され、今後夏休みやオリンピックが始まる中で、活躍の機会は増えると思います。

 オススメは、小型軽量ボディにAPS-Cサイズの有効約2420万画素CMOSイメージセンサー「Exmor」を搭載したSONYの「α6400 ILCE-6400Y ダブルズームレンズキット」です。’19年2月に発売されたモデルで、実勢価格は11万8000円前後と、以前紹介したときとほとんど変わりません。

 α6400の最大の特徴は、優れたAFの機能を持っていること。0.02秒の高速AFを実現しているうえ、リアルタイム瞳AF、被写体を追従し続けるリアルタイムトラッキング、動画撮影時のファストハイブリッドAFなどを搭載しています。

◆子どもやペットの撮影にも最適

 人間はもちろん、動物の瞳もフォーカスしてくれるので、特に動きの読めない小さなお子さんや、ペットの貴重なシーンを撮りたい方にオススメです。

 タッチ操作に対応した180度チルト可動式液晶モニターを採用していて、スマホ感覚で操作できるのも、初心者にピッタリだと思います。

 エアコンやテレビ、冷蔵庫、洗濯機は、搬入や設置ができないといったトラブルの多い家電です。高額な商品が多いこともあるので、購入する際は、ぜひお近くの家電量販店に足を運んでください。

 特にショッピングに狙い目なのは日曜日。というのも、家電量販店は土曜日に競合他社の価格調査を行うことが多く、自社の価格に反映されるのが日曜日になることが多いためです。

 よりお得な買い物を楽しんでいただければと思います。

◆〈販売員が本当に買っているオススメ高額家電6選〉

▼高性能エアコン ダイキン「AN40YRP-W」 実勢価格:約30万円
冷暖房を行いながら換気ができるルームエアコン。スマホアプリの「Daikin Smart APP」にも換気ボタンを搭載していて、外出先や他室からでも換気運転が行えます

▼有機ELテレビ SONY BRAVIA「XRJ-55A90J」 実勢価格:約30万円
認知特性プロセッサー「XR」で、複数の画質要素を横断的に分析・処理。人が目で感じる自然な美しさと、サラウンドと定位感が向上した音の臨場感が相まって、究極の没入体験を実現しています

▼冷蔵庫 日立「R-H48N」 実勢価格:約18万円
2℃という少し低めの温度と約80%の湿度を保つ、「まるごとチルド」を搭載した冷蔵庫。すべての冷蔵室をチルドとして使用できるので、食品の鮮度が長持ちしますし、サラダにラップをかけなくていいなど管理も楽に

▼ドラム式洗濯乾燥機 日立「BD-SX110F」 実勢価格:約18万5000円
洗濯が便利になる機能が満載。速約300kmの高速風を吹きかけてシワを伸ばす、「風アイロン」を採用しており、衣類を大切に、長く使いたい人はこれを買っておけば間違いないと思います

▼縦型洗濯機 パナソニック「NA-FA80H8」 実勢価格:約6万6000円
「泡洗浄」と「パワフル立体水流」で強力な洗浄力を実現。パワフルですが、静音性もバッチリです。さらに、お手入れもしやすいので、どなたにでもオススメできる製品です

▼ミラーレス一眼 SONY「α6400 ILCE-6400Y ダブルズームレンズキット」 実勢価格:約11万8000円
AF機能が優れたモデル。0.02秒の高速AFを実現しているうえ、リアルタイム瞳AF、被写体を追従し続けるリアルタイムトラッキング、動画撮影時のファストハイブリッドAFなどを搭載しています

―[家電屋さんのトリセツ]―

【家電量販店のスズキ】
関東近郊の家電量販店で10年以上働く現役販売員。黒物から白物までジャンルを問わずさまざまな売り場を担当。実績が認められて大型店の店長を務めた経験もあるが、接客のほうが性に合うため、本部に直訴し現場復帰を果たす

関連リンク

  • 6/29 15:54
  • 日刊SPA!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます