『ドラゴン桜』ヤンキーコンビ、阿部寛&長澤まさみらと笑顔の惜別ショットに反響

 ドラマ『ドラゴン桜』(TBS系)でヤンキーコンビを演じ注目を集めた俳優の西垣匠と西山潤が、最終回が放送された27日と翌28日にインスタグラムを更新。主演の阿部寛や長澤まさみらと笑顔で写る惜別ショットを次々と公開すると、ファンから大きな反響が寄せられた。

 西垣と西山は、ドラマ『ドラゴン桜』の中でヤンキーコンビの岩井と小橋を好演。第1話では、龍海学園に赴任してきた桜木(阿部)や水野(長澤まさみ)を陥れようとするものの、第1話終盤で桜木から返り討ちにあったのをきっかけに、第2話以降は東大専科を支える重要なキャラクターに。13日放送の第8話では、練習生として東大専科に仲間入りを果たす姿が描かれ、最終回では2次試験当日に健太(細田佳央太)をいじめた受験生にキツい“お礼参り”をするシーンもあり、ネット上には「ヤンキーコンビ最高ー!!!」「最高にかっこいいぜ、ヤンキーコンビ」などの声が相次いでいた。

 そんな最終回の放送直前に、岩井役の西垣が「水野先生!1話で騙してごめんなさい!」と投稿したのは、長澤と小橋役の西山を交えた3ショット。この直後に西垣は「最初はこてんぱんにやられましたが、あれから先生について行って良かったです!」と、桜木役の阿部と小橋役の西山との3ショットも公開した。さらに最終回放送直後には、西山と肩を組んだ2ショットも披露している。

 一方の西山も最終回放送後の28日未明にインスタグラムを更新し、鈴鹿央士や南沙良、志田彩良といった生徒役のキャスト陣とのオフショットを公開。さらに『ドラゴン桜』に続いて、7月4日放送開始の日曜劇場『TOKYO MER ~走る緊急救命室~』(TBS系/毎週日曜21時)にも出演する佐野勇斗と西垣との3ショットも投稿した。

 西垣と西山の投稿に、ファンからは「最終回感動して涙出ました」「素敵な作品をありがとうございました!!!!!」「みんな仲良い!かわいい!」「最高でした!!」などの声が相次いでいる。

引用:「西垣匠」インスタグラム(@sho_nishigaki_official)
   「西山潤」インスタグラム(@jun_nishiyama_official)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 6/28 18:15
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます