ブルックリン・ベッカム、プロポーズから1年 ビバリーヒルズの11億円豪邸を婚約者と購入

拡大画像を見る

ブルックリン・ベッカムとニコラ・ペルツが、米カリフォルニア州のビバリーヒルズに共同で豪邸を購入したことを『E!News』が現地時間27日に伝えた。不動産記録によると邸宅は昨年建築されたばかりで、5部屋の寝室と豪華なキッチンにプール、スパ、ワインセラーなどを備えているという。

ロサンゼルスを一望できるこの邸宅は7000平方フィート(約196坪)を超える広さで、価格は1千万ドル(約11億円)以上とのことだ。

豪邸はブルックリンの父デヴィッド・ベッカムが「ロサンゼルス・ギャラクシー」で活躍していた当時、家族で住んでいた邸宅からほど近い場所に建っている。

なお新居の購入について、今のところブルックリンとニコラから正式なコメントは発表されていない。

ブルックリンとニコラは昨年7月、それぞれのInstagramで互いを見つめ合うツーショットを公開して婚約を発表した。当初2人は2021年にお互いの家族が住む英米でダブル挙式を予定していたが、パンデミックのため2022年に延期したと報じられた。

ブルックリンは現地時間23日に自身のInstagramを更新し、プロポーズからちょうど1年目を迎えたことを報告した。投稿には2人が寄り添ってキスをする動画や海辺でのツーショットを公開し、このように言葉を添えている。

「ちょうど1年前のこの日、僕はこの素晴らしい女性に結婚を申し込んだ。彼女は日ごとに僕を向上させてくれる。そして親友でもある。君のいない人生なんて想像できない。だって、君はいつも僕を笑わせて笑顔にしてくれるから。1年目の記念日おめでとう、ベイビー。」

ブルックリンの投稿には、ニコラがさっそく「とても愛してるわ」とコメントしていた。

フォロワーからも「ソウルメイトだね」「婚約1年おめでとう。ゴージャスなカップルさん」「一緒に幸せな人生を歩んでね」と祝福の声が寄せられたほか、「実際に職を得る前に結婚することを想像してほしいな。多分彼は、結婚する前に仕事を見つけるだろうけど」といったコメントも見られた。

現在のブルックリンは写真家として活動しているが、セレブの最新の保有資産や財務状況を調査するサイト「セレブリティ・ネット・ワース(Celebrity Net Worth)」によると、彼の純資産は1千万ドル(約11億円)と推定された。

一方、米実業家で億万長者ネルソン・ペルツの娘であるニコラの純資産について、同サイトは5千万ドル(約55億円)と推定している。

画像は『nicola 2021年6月24日付Instagram「i love you brooklyn」』『brooklynbeckham 2021年6月23日付Instagram「This exact day 1 year ago I asked this gorgeous woman to marry me.」』『Carl Gambino 2021年6月6日付Instagram「NEWLY PRICED」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

関連リンク

  • 6/28 15:09
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます