コンビニ「冷やし麺」プロが厳選する!本当にうまいNo.1決定戦

拡大画像を見る

 蒸し暑さを感じる今日この頃。夏に向けて、さらに暑さは増すが、逆に減るのが食欲だ。

「そんなときの強い味方が、中華麺やそばなどを使った冷やし麺です。暑くてもサッと食べられて、胃にもたれない。夏の昼ごはんに最適です」(料理研究家)

 そうした“夏食”の代表格、冷やし麺部門が今、コンビニを舞台に大激戦を繰り広げている。コンビニ評論家の渡辺広明氏が語る。

「昔は、コンビニ冷やし麺といえば冷やし中華とそば、そうめんくらいのものでした。でも最近は、有名店とのコラボや冷やしラーメンなど種類が豊富に。さらに6月中旬から各社、新商品を次々と発表するんです。各社の特色があって、食べ比べても楽しいですよ」

 そこで今回は、王道から新商品まで、コンビニで買える“本誌厳選の絶品冷やし麺”を紹介していこう。

 まずは定番の冷やし中華。

「一目で分かる違いというのは少ないですが、セブンイレブンは中京・近畿地方では、ご当地の食べ方に合わせてマヨネーズがつく。ファミリーマートはチャーシューが大きめに切られて、食べ応えがあるなど、細かい違いはあります。自分に合った商品を探すのも一興ですね」(グルメライター)

 あっさり系が多い冷やし麺だが、コッテリ感が欲しい方は、冷やしラーメンを試してほしい。ファミリーマートの『冷やし味噌ラーメン』(460円)とともにオススメなのが、セブンイレブンの『とみ田監修 濃厚豚骨魚介 冷しW焼豚つけ麺』(594円)だ。

「セブンイレブンは、有名店とのコラボ商品のレベルが特に高く、有名店の味を自宅で簡単に楽しめます。ボリュームもあるので、ガッツリ食べたい男性にピッタリです」(渡辺氏)

 一方、体重が気になる人にはローソンの『裏切りの一杯』シリーズ(冷し白湯麺と冷し担々麺の2種、ともに530円)を試してほしい。

「この商品の売りは“低糖質”でヘルシーなこと。従来の麺から40%オフという、独自の麺を使用しているんです」(前同)

 記者が実際に食べてみると、「うまい!」のひと言。具を麺に絡めて口に入れると、濃厚なうま味が感じられ、“糖質40%オフ”が信じられないほどだ。

 日本人にとって夏の定番食、そばもコンビニ独自の研究が重ねられ、今では専門店にも負けないクオリティになっている。

「ファミリーマートでは今年、そばの大幅改良をしたといいます。のど越しがよくなり、コシも強くなっているんです。定番の『だし香るつゆ コシが自慢のざるそば』(360円)など、シンプルな商品を食べてみるのもありですね」(同)

 どれも甲乙つけ難い、うまさ。今年の夏は、あなたの口で「本当にうまいNO.1」を見つけてほしい。

■地域限定からコラボ商品まで変わり種「冷やし麺」絶品7選!

冷しごま豆乳担々麺(セブンイレブン)486円。関東限定。“豆乳”と名のつく珍しい冷やし麺。大豆のそぼろ炒めと彩り野菜で、ヘルシーな一品。

濃厚醤油だれの冷しローストビーフまぜめん(セブンイレブン)496円。山梨・長野限定。ローストビーフをぜいたくに使った攻めの一品。マヨネーズを絡めて味変を楽しもう。

マシマシにんにく冷し中華(ファミリーマート)598円。ラーメン店『千里眼』監修。太麺がニンニクしょうゆ味のスープによく絡む。ガツンと食べたいときに。

冷たいダブル半熟玉子辛すぎラー油そば(ファミリーマート)598円。有名そば屋の店主が監修。ダブル半熟卵入りで、味の変化を楽しめるニンニクとラー油たっぷりな一品。

ビビン冷麺(ローソン)399円。本格焼肉店『焼肉トラジ』監修。キムチなどのからみと野菜と果物の甘さがベストマッチの逸品だ。

麺屋武蔵監修冷し真剣そば(ローソン)598円。ラーメン店『麺屋武蔵』監修。ニンニク魚介スープと丸ごとゆで卵が特徴。

ワシワシ麺が濃厚ダレに合う。冷たいカップそば(セイコーマート)159円。うどんやラーメンもある。ドリンクホルダーに収まるほどの手軽さが人気。小腹が空いたときに、ぜひ。

関連リンク

  • 6/28 12:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます