“美しすぎるUberEats配達員”で注目 堀みづき、ポジティブ思考になった出会いとは

拡大画像を見る

出身地である山形県酒田市の、「酒田ふるさと観光大使」も務めるタレントの堀みづき。

昨年には、“美しすぎるウーバー配達員”として注目を浴び、TV番組や雑誌メディアへの登場を飛躍的に向上させている。

そんな堀みづきが現在力を入れているのが、「Pococha(ポコチャ)」(ライブ配信プラットフォーム)。

堀がどのようなタイミングでPocochaと出会い、どのような思いを抱いているのか、本人を訪ね直接聞いてみた。


――まずはPococha(ポコチャ)1周年とデイリー1位おめでとうございます。

ありがとうございます。


――1年を経て、堀さんにとって今はPocochaがどのような存在になっていますか?

もう生活の一部と言っていい存在です。毎日6時間くらい配信していたりするので、ごはん食べたり寝たりするのと同じ感覚です。

新しい方や長い方、リスナーさんもたくさん来てくれるので、「おはよう!」「おやすみ!」くらい欠かせない存在ですね。


――昨今の配信で印象的なトークテーマなどありますか?

もうテーマが無いのが楽しいです。

先日配信がちょうど1周年だったんです。私はうなぎが好きなので、うなぎグッズを作って1周年のお祝い配信をしていたんですが…、誰もうなぎだと思ってくれなくて(笑)

「それ魚?鮭?」みたいなツッコミがリスナーさんから入って、その流れでお魚の話になっていったりと、物凄く自由な感じです。

なによりみんなが笑ってくれるのが嬉しいですね。


――昨年は美しすぎるUberEats配達員として大きな注目を浴びましたが、反響の大きさをご自身で振り返っていかがですか?

このニュースから知ってくださったリスナーさんも多いですし、SNSに多くの方が来て下さったり、「写真集買ったよ!」というコメントも頂いたり。

広がりの大きさを実感しています。


――モデルにタレント業にとお忙しい堀さんですが、これまでの活動で考え方や意識が変わるような出会い、言葉、出来事などありましたでしょうか?

芸能活動について、これまでの人生で、こんなに何かに必死に頑張ることってなかったと思うんですよ。

それでも芸能界で成功したとは言えない状況です。

ずっと目標を持ってやってきましたけど、とても「忙しい」と言える状態ではなかったので。

そんな私がPocochaに出会えて、本当に考え方が変わり、大きく成長出来た気がしています。


――ご自身で具体的に「このように変わった」と思える部分はありましたか?

とにかく前向きになりました。

昨年は自粛期間が長く、思ったんですよ。

「人間、ヒマだとロクなこと考えないな」って。


一同

(笑)


家にいても、どよーんとしますし。

ところがPocochaでオンラインですが、人と会って、お話して、言葉をかけてもらうことで凄く元気をもらって。

前向きになり、元気が出ると、リスナーさんにも言葉をかけてあげられるようにもなりました。

もともと泣き虫で凄くマイナス思考だったんですが、この出会いのおかげで強くなれましたしポジティブになれました。メンタルが物凄く鍛えられました!


――堀さんは「酒田ふるさと観光大使」としてもご活躍ですが、故郷で過ごした幼少期の思い出深いエピソードなどございましたら。

今は東京に出てしまったので、酒田にあるおじいちゃんの家に帰省するのが楽しみの一つです。

コロナ以前は、よく山形に戻っていましたし、私にとって大切な場所です。

うちは母子家庭なので、酒田での母は働きながら祖父母とともに苦労して私を育ててくれました。

そんな思いもあるので、「酒田ふるさと観光大使」のお話は本当に嬉しかったですし、良い親孝行になりました!


――「酒田ふるさと観光大使」として酒田のおススメスポットなどがございましたら。

記念館や古い町並み、庭園や公園など色々あるんですが、まずは海が近いので新鮮な海産物をオススメしたいですね!

本当に美味しいんです!地元海産物の鮮度が良すぎるので、酒田市内にある回転ずしですら美味しいです!夏の岩ガキなんてその大きさにびっくりしますよ!

なので海鮮市場は足を運んでみる価値があると思います。

歩くだけでもいい街ですよ~!


――堀さんは「ダイエット検定」や「認定フェイシャルエステティシャン」「ファッション販売能力検定」

認定ウエディングプランナー」と多くの資格をお持ちですが、美やファッションへの想いを教えてください。

美やファッションが好きで、芸能界入る前はこちらの方面のお仕事やりたいと思っていたんです。

資格を取るため学校で学んでいるうちに、自分でメイクするのも好きなんですけど、ファッションショーで舞台に出るほうが楽しくなってしまって!

これが芸能界を目指すきっかけにもなりました。

もちろん今でもメイクしたり、洋服を選んだり、プロデュースすることは大好きです!

――堀さんはパンダ好きとしても知られていますが、きっかけはどのようなものでしたか?

中学生のころ見ていた「天才!志村どうぶつ園」に、ベッキーさんがパンダの赤ちゃんと一緒に暮らすという企画があって、もう一目ぼれしてしまいました!

「なんだこのかわいい生き物は!!」って。

そこからパンダの飼育員になりたいと思うようになり、中学校時代の3者面談で「将来はパンダの飼育員になりたいです!」って言ってみたんですけど…、先生も「は?」っという感じで、お母さんにも「何言ってんの?」って怒られました(笑)

東京では上野動物園の年パスも買いましたし、和歌山のアドベンチャーワールドにも行きました。

アドベンチャーワールドは上野動物園と違って、ずーっとパンダを見ていられるんですよ!

もう飽きないです。ずっと見ていられます。なんだかパンダの赤ちゃんって、人間らしい気がするんです!


一同

(笑)


パンダの本場中国の四川にある「成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地」にも行ってみたいですね~!

いつかパンダと一緒のお仕事をしたいですね~!

パンダに関する勉強もしているので、先ほどの資格の話ではないですが「パンダアドバイザー」なんてポジションを狙えたらいいですね!

家にもコストコで買った等身大のパンダぬいぐるみがあるんですが、もうリアルなパンダが欲しいんです。リアルなパンダと一緒に暮らしたいんです!


一同

(笑)


――凄まじいパンダ愛ですね!パンダ以外のハマり事などはいかがですか?

健康に関するグッズですね。

毎日座ったまま長時間の配信をしていると、腰痛も心配なので。

コロナでジムにも行けていないですし、運動不足になってしまうと余計、腰も悪くなってしまいますから。

ストレッチをしたり体をほぐしたりもしているんですが…。

先日、ついにゲーミングチェアを買ってしまったんです!

ゲーミングチェアは長時間座っていても体に負担がかかりにくい設計になっているので、今から新しいゲーミングチェアでの配信が楽しみですね!

こうやって一つ一つ「生活を整える」作業が好きなんです。

最近では配信スペースを整えました。

以前は生活スペースと一緒だったので、片付けをしてからの配信だったんですが、配信専用のスペースを設けることでパフォーマンスが飛躍的に向上しました。


――もう配信者というよりアスリートのようなセリフですね!それでは最後になりますが、今後の活動目標をお願いいたします。

今までは自分のことを話すのが得意ではなかったんですが、配信を通し、みなさんとお話することで自信が付き、自分のことを話すのが好きになれました。

なので今後は、バラエティのお仕事など活動の幅を広げていくことが出来ればと考えています。

みなさんに「見る機会増えたね」と言ってもらえるように頑張りますので、応援よろしくお願いいたします!



  • 6/28 11:00
  • dwango.jp news

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます