「ドラゴン桜」最終話 東大クラス合格発表

【モデルプレス=2021/06/27】俳優の阿部寛が主演を務めるTBS系日曜ドラマ「ドラゴン桜」(毎週日曜よる9時~※最終話15分拡大)の最終話が27日、放送され、生徒たちの合否が明らかとなった。<※記事内ネタバレあり>

◆阿部寛主演「ドラゴン桜」

本作は、週刊漫画誌「モーニング」(講談社)にて2018年から人気連載中の三田紀房による「ドラゴン桜2」が原作。2005年に放送された前作ドラマの原作である「ドラゴン桜」(2003年~2007年連載/講談社)の15年後を描く続編。

阿部演じる桜木建二がかつて受け持った「東大クラス」の教え子・水野直美役の長澤まさみをはじめ、東大合格を目指す“東大専科”の生徒役には高橋海人(※「高」は正式には「はしごだか」)、南沙良、平手友梨奈、加藤清史郎、鈴鹿央士、志田彩良、細田佳央太などが出演する。

◆東大クラス、5人が合格

文科3類は小杉麻里(志田)が合格、早瀬菜緒(南)は不合格、原健太(細田)、天野晃一郎(加藤)、岩崎楓(平手)は理科2類に合格、一度文転したが理科1類へ出願した藤井遼(鈴鹿)は不合格だったが、大学入学共通テストを足切りラインギリギリで通過した瀬戸輝(高橋)は文科2類に合格し、目標の5人合格に見事到達。

藤井は2次試験当日、他校の生徒に絡まれた健太を助け、手首に怪我をしてしまったことも明らかに。早瀬は青山学院大学の経営学部に共通テストで合格していたことを明かし、青学に進学すると明かした。

最後の合否に視聴者からは「瀬戸くんが奇跡を起こした!」「楓ちゃん合格おめでとう!」とそれぞれ祝福の声や、「藤井くんの浪人生編みたい…」「ちゃっかり青学に願書出してる菜緒ちゃんさすが」「めちゃくちゃ感動した」と一人ひとりの生徒へ向けて愛のあるメッセージが殺到していた。(modelpress編集部)

情報:TBS

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 6/27 21:46
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます