『餃子女子』アーティストが語る!本当にうまい「チェーン店の餃子」リスト

拡大画像を見る

 日々の生活を激変させた新型コロナ禍。ワクチン接種が進んでいるが、ウイルス撃退の最大の武器が、免疫力の向上にあることは間違いない。そんな中、注目されているパワーフードが「餃子」。管理栄養士の大山加奈惠氏が説明する。

「餃子の皮はエネルギーの元となる糖質です。餡の豚肉には良質のタンパク質や、栄養素がエネルギーに変わるのをサポートするビタミンB群が豊富で、エネルギー代謝を高めて体力をつけてくれます。また、ニンニクやニラの辛味成分であるアリシンには、血行促進の効果があり、体温を上げて免疫機能を高めてくれるんです」

 コロナ対策としても、また夏バテが心配な季節にも、食べておきたい料理であることは間違いない。

 ふだんなら、ニンニクやニラのニオイが気になるという人もいそうだが、

「コロナ禍のマスク生活やテイクアウト需要により、周囲の人々を気にすることなく食べられると、餃子の人気が高まっています」(グルメライター)

 なるほど! ということで、今回、『餃子の王将』、『大阪王将』、『バーミヤン』、『日高屋』、『幸楽苑』の人気チェーン店で、本当にうまくて、体にいい餃子を求めて徹底取材した。

 “餃子愛”から専門書『餃子女子』まで出版したシンガーソングライターの玉城ちはる氏とともに、チェックしていこう。まずは、『餃子の王将』の大定番『餃子』から。

「王将さんの餃子の特徴は、とにかく“毎日、食べても飽きない”という点。ご飯にも、晩酌にも最高の、万能餃子です」(玉城氏)

 豚肉の肉汁もしっかり感じられるジューシーな味わいとパリパリした薄い皮が特徴。材料はすべて国産にこだわっており、安心して食べられる。安定のおいしさは、もはや説明はいらないだろう。さらに、『にんにく激増し餃子』、『にんにくゼロ生姜餃子』と、コッテリとアッサリの両方のニーズに応えた商品があるのも、老舗の強みだ。

「通常の2倍のニンニクが入った“激増し”ですが、辛みや刺激がキツすぎることがなく、バランスがとてもいい。“今日はパワーをつけなくちゃ”というときにピッタリです」(前同)

■『大阪王将』『バーミヤン』のイチオシメニューも

 もちろん、下半身のパワーアップにも効果バツグン。

「ニンニクのオキソアミジンという成分に、ビタミン吸収や血流の促進作用があるので、男性機能の維持や向上につながります」(前出の大山氏)

 一方、“餃子専門店の心意気”がキャッチフレーズの『大阪王将』の看板メニューは『元祖焼餃子』。弾力のあるもっちりとした皮、餡は野菜が多めでシャキシャキ感がありながらも、肉肉しい食べ応えが特徴だ。

「私は、お腹いっぱいに餃子が食べたいときは、大阪王将さんの餃子と決めています」(前出の玉城氏)

 そんな玉城さんが、「実は一番好き」という『ぷるもち水餃子』も、大阪王将ファンにはおなじみの一皿だ。

「お餅のようにプルプルで、茹でるとツヤツヤで、食べるとツルンと口の中に入ってきます。餡には、豚肉と鶏肉の両方が使われていて、味に深みを感じます。おろしショウガも練り込まれていて、さっぱり食べられるので、私は、このぷるもち水餃子の冷凍食品を“朝ギョーザ”にしています。同じ水餃子を使った『スープ水餃子』も当然、完成度が高く、おいしいですね」

 続いては中華ファミレス『バーミヤン』の『本格焼餃子』。ニンニクが効いてパンチ力のある餡と香ばしい薄皮のバランスが良く、2つ3つと続けて口に入れたくなる、軽い味わいが特徴だが、玉城氏が驚くのは、そのお得感。

「お持ち帰りなら、『W焼餃子(12コ)』が、税込323円という驚きの安さです。給料日前に餃子を存分に楽しみたいのであれば、バーミヤンさんが有力な選択肢になるでしょうね」

 6月28日発売の『週刊大衆』7月12日号では、このほかにもさまざまなチェーン店の餃子を大紹介している。

関連リンク

  • 6/27 18:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます