カッコよくキマる!”シャツ×前だけイン”で上級者見えを狙え!

拡大画像を見る

大人女子の強い味方”シャツ”。さらっと一枚で着こなしてもカッコイイけれど、何だかいつも同じ着方でつまらなくない?そんな時におススメしたいのが”シャツ×前だけイン”の法則。この着方を取り入れるだけで、誰でもオシャレ上級者に見えちゃうから驚き!今回はシャツの着こなし方”前だけイン”に注目していきましょう。


普段のシャツの着方じゃ、何だかつまらない…


zozo.jp


いつもさらっと着るシャツ。大人女子にはピッタリの相棒的存在だけど、シャツの着方にまでこだわっていますか?
「シャツに着方なんてあるの…?」という方、勿体無い!着方次第で印象が変わるのがシャツアイテムなんです!
しかも、誰もが簡単に取り入れることが出来て、こなれ見えするというテクニックがあるというから驚き。これは早速チェックしないと!


簡単上級者見えテクは”前だけイン”!


zozo.jp


誰もが簡単に、しかもこなれ見え&オシャレ上級者風が叶うのが”前だけイン”。
前身頃の裾だけボトムスにインするという着方、街中でも見たことがあるのでは?
でも実際やるとなると難しい…という方も大丈夫。
ポイントを一つ押さえれば、すぐにきれいな”前だけイン”を実現できちゃうんです。


wear.jp


ポイントは、インした部分から後ろの長く出ている裾を一直線に、きれいに整えるということ。
前身頃の裾をインするときはザックリと簡単でOK。シワが寄り過ぎないように気を付ければあとは問題なし。
インした部分を少し引き出すようなイメージでブラウジングをし、後ろの裾とつながるようなシルエットにしてみて。


”前だけイン”のコーディネートをチェック


wear.jp


簡単上級者見えテクニックの”前だけイン”。
これはコーディネートに取り入れないと勿体無い!ということで早速”前だけイン”のコーデ集を一気にご紹介。
使える技っぷりに驚くこと間違いなしですよ!


スリムパンツとも相性抜群


zozo.jp


”前だけイン”の技は細身のパンツと合わせるとカッコよく決まるんです!
こちらは”前だけイン”の中でもハーフタックインと呼ばれる技。裾の左右どちらかのみをボトムスにインして、アシンメトリ—なシルエットを楽しんでみて。
カーキシャツ×白パンツの好バランスコンビはオフィスでも、普段でも使える組み合わせ。襟元は少し立てて、大人な雰囲気にしてみると◎です。


zozo.jp


シャツはシャツでも、ビッグシルエットのシャツを前だけインしても可愛いんです。
体が泳ぐたっぷりのシャツを、スキニーデニムに前だけイン。全体のバランスを考えて、腕もロールアップすると女性らしさがプラスされておすすめです。
”彼のシャツ”のようなボーイッシュなアイテムには、キャップやスニーカー、リュックなど、ストリートな要素のアイテムを合わせるとgood。


ボリューム×ボリュームでもスッキリ見え!


wear.jp


”前だけイン”って細身のパンツしか合わないの…?と思った方もいるのでは?
実はそんなことないんです。ボリュームスリーブのシャツやビッグシャツと、今トレンドのワイドパンツは相性◎。
ボリューム感のあるアイテム同士を組み合わせても、”前だけイン”を取り入れればどこかスッキリ見えが叶います。

イエローのシャツ、そしてワイドパンツ、バケツバッグ。トレンドアイテムがぎゅっと詰まった参考にしたいコーデです。


zozo.jp


こちらも、ワイドパンツにビッグシャツを合わせたコーディネート。
”前だけイン”じゃ物足りない!という方は”抜き襟”にも挑戦してみて。いつものようにさっと着たシャツを背中側に引っ張って、
後ろに襟を持っていくこの技。こちらも簡単にオシャレに見える技なので是非取り入れて。
センタープレスのワイドパンツに、ストライプ柄のシャツというキレイめスタイルでも、スニーカーを合わせれば一気に親しみやすさがUP。カジュアルにも使えるこの技、参考にしてみて。


スカート派さんにも断然おすすめ


zozo.jp


今まで沢山の”パンツスタイルと前だけイン”のスタイルをご紹介しましたが、普段はスカート派という方にも”前だけイン”はおすすめしたい技なんです。
いつもの可愛らしいスカートのイメージも、一気にハンサム感がUPしてカッコよく変身。シンプルなボリュームシャツを細身のデニムスカートと合わせれば、程よく女っぽさもゲットできちゃいます。
このとき”抜き襟”も合わせて取り入れてみて。


wear.jp


女っぷり上々な組み合わせも、”前だけイン”の効果でどこかハンサムな印象に。
後ろにスリットの入ったロングスカートと、デザインが特徴的なサンダル、そしてシンプルな白シャツを合わせたこちらのコーディネート。
普通にシャツをさらっと着てしまうと、スタイルが良く見えないので、”前だけイン”がおススメ。シンプルな中でこそテクニックが光る、参考にしたい1枚です。


Tシャツを”前だけイン”もおしゃれ!


zozo.jp


シャツだけでなく、カジュアルなTシャツを前だけインするのもとってもおしゃれ。いつものコーデに、一気にこなれ感が生まれますよ。
こちらは、白Tシャツ×黒スキニーの大定番コーデですが、白Tシャツの裾を前だけインすることでいつもとは違った印象のコーデに。ポイントは、少し大きめのTシャツを選ぶことです。


zozo.jp


テロンとやわらかなシルク素材のTシャツを使った、前だけインコーデ。ベルトを見せるように、前だけインしてみて。
やわらかな生地のTシャツなら、前だけインしたときにくしゃくしゃになりにくいんです!パンプスであえてきれいめに仕上げるのがおすすめです。


zozo.jp


白シャツと黒パンツのコーデは、とっても万能ですよね。でも、少し飽きてしまったり、なんだか物足りないなと思うこともあるのでは?そんな時には、デニムジャケットを羽織ったコーデがおすすめ。
インナーとして着た白Tシャツを前だけインしているので、上にゆったりとしたデニムジャケットを合わせてもバランスがいいですよ。


zozo.jp


Tシャツにパンツを合わせるときは、スキニーパンツを合わせることが多いですが、たまにはスウェットパンツもいいのではないでしょうか。
Tシャツ×スウェットパンツのコーデは、なんだか部屋着みたいになっちゃいそう…という人も少なくないのでは?テーパードシルエットのスウェットパンツなら、すっきりとスタイリッシュなコーデが完成します。


wear.jp


少しぴったりしたTシャツを前だけインしたコーデ。ジャストサイズで、襟ぐりが広く開いているTシャツなら、きれいめに着こなすことができます。
マスタードカラーのワイドパンツを合わせて、シンプルなTシャツを個性派コーデに。


冬はインナーとのコーデも楽しもう


wear.jp


チェック柄のビッグシャツを使ったコーデ。ビッグシャツは、インナーとのコーデがしやすいアイテム。冬でも暖かく着こなすことができます。タートルネックをインナーとして着て、寒さ対策もバッチリ。
ビッグシャツはゆったりとしているので、前だけインしてすっきりと見せるのが正解です。


wear.jp


トレンドのグレンチェックのシャツを片側だけインした、ハーフタックインコーデ。今季は、レーストップスをインナーとして使うコーデが流行っていますよね。チェックシャツに合わせても、とってもかわいくなるんです。


zozo.jp


コットン素材のビッグシャツを前だけインしたコーデ。こちらもタートルネックをインナーとして着ています。
ビッグシャツは、ボタンを多めに開けて、デコルテ部分を広げれば、女性らしい着こなしに。インナーを着ているので、ボタンを多く開けてもセクシーになりすぎないのが◎。


wear.jp


デニムシャツを前だけインしたコーデ。デニムシャツって、着こなしが難しいアイテム。そんなデニムシャツをインナーとコーデするなら、あえて柄物インナーを使うのが◎。
シャツからチラリと見えるボーダーが、カジュアル度をレベルアップさせてくれますよ。
タイトミニスカートに前だけインして、コンパクトにまとめて。


zozo.jp


スキッパーシャツを使ったコーデ。スキッパーシャツって、元々胸元が開いているのでインナーに悩みますよね。そんな時には、薄手のタートルネックが便利!おしゃれで防寒にもなるので、一石二鳥ですよ。
袖口からもインナーを見せると、レイヤードスタイルがさらにかわいくなります。


zozo.jp


インナーをレイヤードしたシャツは、スカートに合わせるてもかわいくキマります。
前の真ん中だけインすれば、こなれ感たっぷり!シャツにボリュームがある分、スカートはタイトスカートや台形スカートでメリハリをつけて。


zozo.jp


カッチリとした真面目な印象の白シャツは、インナーレイヤードと、前だけインで着崩して。
きれいめにも使える白シャツですが、カジュアルにも使えます。裾は片側だけイン、そしてアウターは肩を落として着ているので、抜け感も出ていますね。


こなれ見えの”前だけイン”でオシャレ上級者に


zozo.jp


沢山の”前だけイン”のコーディネートをご紹介しました。
シンプルなアイテム同士を引き立てる技でもある”前だけイン”。コーディネートに取り入れないと損!
今日からあなたも、オシャレ上級者に大変身!

※画像は全てイメージです。

関連リンク

  • 6/27 6:30
  • ARINE

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます