C大阪ダンクレー、アル・アハリへの電撃移籍が決定…加入4ヶ月で中東へ

拡大画像を見る

 サウジ・プロフェッショナルリーグ(サウジアラビア1部)のアル・アハリは26日、セレッソ大阪からDFダンクレーの獲得を発表した。2年契約を結んだと伝えている。

 昨シーズン終了後にヴィッセル神戸を退団しフリーとなっていたダンクレーは、今年の2月にC大阪へ加入。同クラブの一員としてここまで明治安田生命J1リーグで6試合に出場していたが、今月から開幕しているAFCアジアチャンピオンズリーグのメンバーからは外れていた。

 なお、今回の移籍はC大阪の公式サイトでも伝えられており、ダンクレーは以下のようにコメントを発表している。

「まずは社長ならびにスタッフ、選手の皆様、そしてサポーターの皆様とセレッソ大阪に携る全ての皆様に来日してから心温かく受け入れていただき、本当に感謝しています。夢の一つでもあったセレッソ大阪という素晴らしいチームに携わる事ができて本当に嬉しかったです。本当に皆様に感謝しています」

「サウジアラビアのアル アハリ ジッダに移籍をすることになり、もう皆様の前でプレーすることができないのが本当に悲しいです。チームのために全力を尽くしてタイトルを勝ち取ってセレッソ大阪の歴史に名前を残すという目標を果たすことができなくて残念です。残りのシーズンでJリーグやACLなどでタイトルを勝ち獲れるよう、応援しています。ありがとうございました」

関連リンク

  • 6/26 12:40
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます