明石家さんまが「二度と振れへんぞお前!」収録中に起きた“ブチ切れ事件”

拡大画像を見る

 お笑いタレントの東野幸治が、6月20日放送の「お笑いワイドショー マルコポロリ!」(関西テレビ)に出演。明石家さんまの“激怒事件”を明かした。

 この日は「リズムネタ芸人大集合!」ということで、「藤崎マーケット」「ジョイマン」「Everybody」がゲスト出演。

「ジョイマン」の高木晋哉がリズムネタの際、全盛期は腕を上げる角度が高かったが、人気が低迷すると下がってきたという話を披露。その違いを実際にやって見せた。

 それを受け、MCの東野が、かつて「ラララライ体操」で一世を風靡した藤崎マーケット(田崎佑一、トキ)は「どうだった?」と質問。この日、ネタとして暗いキャラで通していたトキは「腕が下がってた」と答えたものの、東野にうながされても、高木のように再現することを拒否してみせた。

 そんな中、東野は「さんまさんが1個下のキャリアの(村上)ショージさんに『でっかいどう』『北海道!』みたいなギャグのあれがあって、それをショージさんがしんどなって1 回スルーしたときに、本番中、鬼の形相で『もう二度と振れへんぞ、お前!』って。めっちゃ怖かった。すげえなと思って」と回想。

「だから『ラララライ』の振り(やらないノリ)は俺の時はええけど、さんまさんの時はやったらあかんで」と忠告すると、トキは神妙な面持ちで「はい…」と答え、スタジオを笑わせた。

 さらに東野は「宮迫(博之)もそうやもん」と続け「『宮迫です!』ってギャグやってたときに、東京でとかで、1回慣れて流してやってたんやけど、(関西ローカルの)『明石家電視台』=『痛快!明石家電視台』(MBS)=でも流してやったら、『なんやそれ、宮迫それ、流して』って。それ言われてから、『明石家電視台』だけマンキンで(手を抜かずに)『宮迫っです!!』ってやってる」と指摘した。

 それを聞いたトキは硬い表情で「聞いててよかった~」とつぶやき笑いを取っていたが、 さんまの厳しさと優しさがよくわかるエピソードだ。

(鈴木十朗)

関連リンク

  • 6/26 9:59
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます