園芸店の売り物の苗の中で暮らしていたのは? 「なんてかわいいの!」

拡大画像を見る

アメリカのシカゴにある、植物や園芸用品を販売しているガーデンセンターで見つかった、意外なお客さんが話題になっています。

ウェブメディア『The Dodo』によると、このガーデンセンターで働く女性が、お客さんから声をかけられたのだとか。

「その中にウサギがいるのを知ってますよね?」

そういわれて、店員の女性が売り物の野菜の苗を覗くと、なんと袋の中にウサギの赤ちゃんがいたのです

苗の袋の端に柔らかい草で作られた巣があり、赤ちゃんウサギたちはそこでくつろいでいました。

この動画を投稿したのは、店員の女性の兄弟であるザックさん。

ウサギが住んでいた苗は、屋外のテーブルの下に置いてあったのだそう。それをこの日は店の入口に移動させたところ、来店したお客さんがウサギがいるのに気付いたといいます。

店員は「お母さんウサギが子供たちを見つけやすいように」と、すぐに苗の袋をもともとあった場所に戻します。

そして袋に「この袋に触らないでください!赤ちゃんウサギがいます!」と書いた紙を置いておきました。

こうしてガーデンセンターでは、店内でウサギの親子を見守ることにしたのです。

ガーデンセンターで育っている赤ちゃんウサギ

母ウサギは子供たちに食事を与えるために、夕方と夜明けに巣に戻って来るのだとか。

店員の中には、たまたま戻って来た母ウサギを見かけた人もいるそうです。

ザックさんは最初の動画を投稿してから1週間後に、赤ちゃんウサギたちの様子を再び投稿。

そこには前回よりもかなり大きくなっているウサギたちの姿が映っています。

これらの動画には「なんてかわいいの!」「この子たちの里親になりたい」などのコメントが寄せられています。

ガーデンセンターでは子ウサギたちが大きくなって野生に帰って行くまで、親子を温かく見守っていくとのこと。

ちなみに母ウサギが子育てに選んだのは『野菜とハーブの売り場』だそう。

母ウサギは「ここなら子供たちに食べさせるものがたくさんあるわ」と思ったのかもしれませんね。

外敵に襲われる危険もない安全な店内で、優しい人たちに見守られながら、子ウサギは元気に成長していくことでしょう。

[文・構成/grape編集部]

出典 ZeewildThe Dodo

関連リンク

  • 6/25 14:44
  • grape

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます