おねだりすると男性に嫌がられるプレゼント9パターン

好きな女性に何かねだられると、頼りにされたように感じて喜ぶ男性も多いもの。でも、おねだりするものによっては、マイナスな印象を与えることもあるようです。そこで今回は、スゴレン男性読者へのアンケートを参考に「おねだりすると男性に嫌がられるプレゼント」をご紹介します。

【1】高価すぎる「ブランド物のバッグ」
「本当にほしいのか、ただ高いものをたかられているのかわからない」(20代男性)など、女性の自分に対する思いに疑問を感じる男性もいるようです。ふたりの思い出のブランドであったり、男性が使っているブランドであったりすれば、疑問を感じさせることもないでしょう。

【2】束縛された気がする「お揃いの指輪」
「付き合いたてだと、精神的に重い…」(20代男性)など、男性の本音もチラリ。ペアリングはアクセサリー以上の意味を持つことがあるので、警戒する男性もいるようです。ペアリングをねだるのは、付き合いが深まってからにしたほうがいいでしょう。

【3】センスを試されそうな「洋服」
「ひとりで女性の服を選ぶのは荷が重いです…」(20代男性)と、困り果てる男性からの訴えも。洋服の好みは非常に個人的なものなので、選ぶとなると困ってしまうのだと考えられます。もし洋服をプレゼントしてほしいなら、一緒に買いに行くといいでしょう。

【4】実用的すぎる「電化製品」
「プレゼントっぽくない。モノがほしいだけって気がする」(20代男性)という意見もあるように、実用的すぎるものだと、選ぶ喜びが薄れてしまうようです。「私は電化製品に詳しくないから、詳しいあなたに選んでもらいたい」と頼ると、印象も変わるでしょう。

【5】ひとりでは選びにくい「水着」
「男が女性の水着を選ぶなんて罰ゲームだよ(泣)」(20代男性)などの声も。水着は下着に形状が近いので、売り場に行くのすら恥ずかしい男性もいるようです。ほしい水着がある場合は買い物がスムーズに進むようブランドや色まで指定し、特にないなら一緒に買いに行くといいでしょう。

【6】自分で買えそうな「日用品」
「大事にされないものをプレゼントするのはイヤだな」(20代男性)というように、日用品にはプレゼントの持つ「特別感」がないのが問題のようです。「あなたが使っているのと同じ石けんがほしい」など、その日用品がほしい理由が特別であればいいでしょう。

【7】飼い主としての責任が重い「ペット」
「命あるものだから、動物はそう簡単には買ってあげられない」(20代男性)というように、飼い主としての責任を考えて、プレゼントをためらう男性が多いようです。男性との間に十分な信頼関係を作ってからねだると、反応も違うかもしれません。

【8】クオリティーに心配がある「手作り家具」
「『本棚作って』とか気軽に言われると気が重い。男が全員DIYができるわけじゃないのに…」(20代男性)という悲痛な訴えが。「男なら作れるでしょ」という思い込みでおねだりすると、男性を困らせてしまうようです。相手の男性が日曜大工が得意かどうか、確認してからおねだりするようにしましょう。

【9】結婚を連想させる「マンション」
「『マンション=結婚』だから、プロポーズもしてないのに言われると引く」(20代男性)など、どうやらねだるタイミングが重要なプレゼントだといえそうです。結婚を前提とした付き合いなら別ですが、付き合いの浅い段階でねだるのはやめたほうがいいでしょう。

男性にプレゼントをねだる場合は、一度よく考える必要がありそうですね。ほかにも「こんなおねだりが嫌がられた」というエピソードがあれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(大高志帆)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 6/25 11:00
  • オトメスゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます