「エヴァンゲリオン×獺祭」のセカンドインパクト!? 「ミサトの部屋」をアップデート

拡大画像を見る

 旭酒造は6月23日、直営店の獺祭ストア銀座で開催している「獺祭補完計画」のアップデート情報を発表した。具体的には、6月7日から展開している同店で再現した「葛城ミサトの部屋」のアイテムを増やすなどしていく。

 6月26日から「葛城ミサトの部屋」にヱビスビール、UCCコーヒー、キリンクラシックラガー、獺祭各種、ドリトス、丼、割り箸などを追加し、より生活感のある展示内容に変更する。また、好評につき期間をこれまでの7月31日から、8月31日までに延長して展示する。
 さらに、映画「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」の劇中に登場する、現在では入手不可能となった当時のボトルに詰めた「獺祭 純米大吟醸 遠心分離 磨き三割九分」を300本復刻し、獺祭ストア銀座、VANGELION STORE TOKYO-01(東京・池袋)で販売する。720ml瓶の箱入りで、価格は5035円。
 なお、獺祭ストア銀座では現在一般販売中の「獺祭 純米大吟醸 遠心分離 磨き三割九分」と、劇中登場ボトルの2本セットでの販売も行う。税込価格は9000円で、1名あたり1セットのみ購入可。

関連リンク

  • 6/24 19:00
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます