「ミルクボーイのムダ使い」!? 深田恭子と交際で渦中の不動産会社会長、“囲み取材実施”の怪

拡大画像を見る

 不動産会社・シーラホールディングス取締役会長で、女優・深田恭子の交際相手としても知られる杉本宏之氏が、6月23日、都内で応援型不動産クラウドファンディングプラットフォーム「利回りくん」ローンチ記者会見を開催。お笑いコンビ・ミルクボーイの駒場孝と内海崇もゲスト出演したが、取材に訪れたマスコミ関係者からは、「完全にミルクボーイのムダ使い」との声が飛んでいたという。

「2019年1月のスポーツニッポンによって深田との交際が発覚した杉本会長ですが、同社は今回、『利回りくん』のCMキャラクターにミルクボーイを起用。記者会見には3人で登壇しましたが、杉本氏はもともとこういった『公の場』に出るタイプではなかった。また、今年5月26日に深田が適応障害による芸能活動休止を発表して以降、杉本氏がマスコミの前に姿を見せるのはこれが初めてだったこともあり、業界内の注目度も高いイベントとなりました」(テレビ局関係者)

 深田の活動休止発表後、複数のメディアが2人の交際が順調に続いていることを伝えている。しかし、6月3日発売の「週刊文春」(文藝春秋)によれば、深田は5月中旬、自宅に帰宅した途端に、半同棲中の杉本氏の目の前で倒れてしまったという。

「マスコミ各社に送られたイベントの案内状には、杉本氏の“囲み取材実施”といったアナウンスもありました。一応、事前に“プライベートに関する質問はNG”という注意書きもあったようですが、やはり記者の質問は深田に関する内容に集中し、杉本氏も明言は避けつつ『これからも支えていきたい』とコメント。そもそも、本当にプライベートを探られたくなかったら、囲み取材の場は設けなかったはずです」(スポーツ紙記者)

 また、イベントでは、ミルクボーイが「利回りくん」をネタに漫才を披露し、会場は笑いに包まれたというが……。

「ミルクボーイに主軸を置いて会見の模様を伝えるメディアもありますが、彼らが漫才で場を盛り上げたことをスルーするばかりか、登壇自体に触れず、深田の名前とともに、杉本氏の“交際宣言”を大きく報道している記事が大半でした。これでは、わざわざゲストを呼んだ意味がなく、マスコミ関係者からは『ミルクボーイのムダ使いでしかない』という声も。とはいえ、深田効果でイベントのPR効果は上々といえるため、味をしめた杉本氏がこれから先、こうした場に登場する機会が増える可能性もあります」(同)

 今後、杉本氏と共演するタレントには、なかなかスポットが当たらないかもしれない。

  • 6/24 12:00
  • サイゾーウーマン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます