ジャッキー・チェンがお忍びで来日した際に、必ず立ち寄っていた日本のお店とは?

拡大画像を見る

映画パーソナリティ・コトブキツカサによる「映画のウィスプ 」。 過去の名作映画や新作映画を取り上げて、その映画の裏側やこぼれ話、そして知られざる秘話をご紹介!今回は映画『ポリス・ストーリー/香港国際警察』に関するウィスプをご紹介します。

映画のウィスプ

ジャッキー・チェンがお忍びで来日した際に、必ず立ち寄っていた日本のお店とは?

解説

ジャッキー・チェンが映画のプロモーションではなく、プライベートでも頻繁に来日していたのは有名な話。そんなジャッキーが日本に来た際に必ず立ち寄る店がありました。

俳優として成功したジャッキー・チェンですが実業家としても活躍していて、以前はレストランチェーン店のオーナーでもありました。彼の大ファンだった僕は大学進学で上京してすぐに、店舗に行きました。そして緊張しながら注文を済ませ食事を待ちながら隣を見ると、キャップを深々と被ったおじさんが一人で食事しています。そのおじさんをよく見ると…なんとジャッキー・チェン本人だったのです。驚いた僕は声をあげそうになりましたが、店に迷惑がかかると思いグッと堪えました。

後に映画関係者から聞いた話では、ジャッキー・チェンは自分の店に抜き打ちで来店して、店員の接客マナーや食事の質などのチェックをしていたそうです。ですからジャッキーはお忍びで来日した際には、必ず自分の店にスタッフ達には内緒で立ち寄っていたのです。

作品紹介

麻薬密売組織の摘発を試み捜査に乗り出した香港警察のチェン刑事(ジャッキー・チェン)は、逃走を図った組織の首領・チュウを逮捕します。そして裁判の証人であるチュウの秘書・サリナの警護を命じられたチェンは、出廷を妨害しようとするチュウの手下達と激しい戦いを繰り広げるのですが…。ジャッキー・チェンが監督・主演・脚本・アクション指導を担当した本作は、プロジェクトAと並ぶ彼の代表作。

ちなみにジャッキーはこれまで沢山の映画に出演してきましたが、「ポリス・ストーリー」は自身が出演した作品の中でもベスト映画だと公言しています。

その他、映画のウィスプはこちらから!

コトブキツカサ

73年静岡県生。映画パーソナリティとしてTV,ラジオ、雑誌などで活躍中。年間映画鑑賞数は約500本。その豊富な知識を活かし日本工学院専門学校 放送・映画科非常勤講師を務める

関連リンク

  • 6/23 12:30
  • 映画board

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます