俳優イ・ジフン「美人すぎる!」日本人妻との結婚に「そっちかよ」の声!?【画像】

拡大画像を見る

 歌手としても活躍する俳優のイ・ジフン(42)が6月22日、かねてより交際を続けていた日本人女性と婚姻届を出したことを発表した。

「イ・ジフンは1996年、17歳で歌手デビュー。アイドル的な人気を誇っていましたが、その後、俳優業にも意欲的に取り組んでいます。現在はその歌唱力を生かして、ミュージカルでも活躍する実力派俳優です」(情報誌記者)

 そんな彼が今回、生涯の伴侶に選んだ女性は日本人だという。

「所属事務所の発表によると、お相手の女性は1993年生まれの日本国籍を持つ一般女性だそうです。イ・ジフンとは14歳の年の差があります。2人は新型コロナウィルス感染拡大で日本との往来も制限され、会えない時間が続いたなかで結婚を決心したようですよ」(前出の情報誌記者)

 日韓カップルの「国際結婚」でもあり、「コロナ婚」とも言えそうだ。

「一部メディアによると、イ・ジフンの妻は留学をきっかけに韓国に移住し、その後、イ・ジフンとは偶然の出会いをきっかけに交際に発展したとも報じられています。韓国に留学した一般女性が、たまたま出会った韓流スターに見初められてゴールインを果たす、というドラマ顔負けの展開に、韓国ドラマファンの日本人女性たちから羨望の眼差しが集まっているんです」(同)

 しかし、SNS上には意外な反応も多数上がっているようだ。

■「違ってよかった」の理由は?

「SNS上には、“イジフン氏結婚おめでとうございます”“日本人の奥様とお幸せに”“奥様どうやって知り合ったの?羨ましい”“奥さん、めちゃくちゃ美人!”などの祝福の声が上がる一方で、“イジフン結婚のニュースにびっくりしたら、そちらのイジフンさんか”“一瞬びびった”“焦ったけど違ってよかった”などの声が数多く見られたのです」(前出の情報誌記者)

 実は韓国には「イ・ジフン」という名前の俳優がもう1人いるのだ。

「もう1人のイ・ジフンは1988年生まれの32歳で、人気ドラマ『青い海の伝説』や『 月が浮かぶ川』などに出演。セクシーな低い声と“塩顔系”の端正なルックスで、今、人気上昇中の俳優です。日本での人気や知名度は、結婚を発表したほうではないイ・ジフンのほうが高く、今回の報道を見た人の中には勘違いした人も多かったようです」(前同)

 日本ではめったにいないが、韓国では同姓同名の芸能人も多い。日本人にとっては、意外なところで驚きのニュースとなってしまったようだ。

関連リンク

  • 6/24 11:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます