相葉雅紀、櫻井翔が歌特番で司会も「嵐はそろわない」 五輪は開催するのに

拡大画像を見る

嵐の相葉雅紀さんと櫻井翔さんが、2021年7月放送の2つの音楽特番でそれぞれ司会を務める。相葉さんが14日放送の「2021 FNS歌謡祭 夏」(フジテレビ系)、櫻井さんが3日放送の「THE MUSIC DAY」(日本テレビ系)だ。

しかし、嵐は活動休止中のため、グループでの出演はもちろんなし。司会だけでも嬉しい、司会だけでは悲しい――。ファンの反応は2つに分かれている。

「嵐」というグループがいない現実

「FNS歌謡祭」、「THE MUSIC DAY」はいずれも毎年放送されている歌番組。相葉さんは2019年、櫻井さんは2013年からそれぞれ司会に起用されている。嵐としてもパフォーマンスするのが恒例で、長時間にわたって嵐の姿が見られると、ファンが楽しみにしている番組のひとつだった。今年は活動休止中だが、引き続きの登場だ。

ツイッターを見ると、嵐の居場所を守ってくれてありがとう、2人の能力が評価されての司会起用は本当に嬉しい、といった喜びの投稿が目立つ。

一方で、5人そろってのパフォーマンスは見られない。司会はしても、その場に嵐というグループがいない現実がさみしい、出演欄に嵐の文字がないことがつらい――悲しみの声が絶えない。

両番組とも、ほかのジャニーズグループが多数出演予定だ。「THE MUSIC DAY」には、番組史上最多の11組。新企画のメドレーに登場するとのことで、櫻井さんも後輩と一緒に歌ってほしい、嵐の楽曲をほかのジャニーズに歌ってほしい、と望むファンも多い。少しでも嵐を感じたいようだ。

嵐は、「NHK東京2020オリンピック・パラリンピック放送スペシャルナビゲーター」に就任している。東京五輪は7月23日に開会式だが、今のところ嵐として特別な活動が行われるという発表はない。

TOKIO国分も司会

同じジャニーズで、個人で司会に起用されグループ出演しない人はほかにもいる。TOKIOの国分太一さんだ。

2021年6月30日放送の音楽特番「テレ東音楽祭2021」(テレビ東京系)で、国分さんが総合MCを務めることが決まっている。こちらにもジャニーズグループは多数出演するが、TOKIOの出演はなし。現在音楽活動を休止している状態だ。

TOKIOは活動していてもパフォーマンスは見られないため、もどかしい思いをするファンも。6月22日夜には国分さんが自身のツイッターで、同番組のオープニングソングを手がけることになったとの告知を行った。これを受けて、ソロではなくいつかまたTOKIOとしてバンドも復活してほしい、と期待する声が高まっている。<J-CASTトレンド>

関連リンク

  • 6/23 12:32
  • J-CAST

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます