岡田健史も…伊藤健太郎「代役」連発でも「絶対不可能」で宙に浮く「ハマリ役」

拡大画像を見る

 7月6日号の『女性自身』(光文社)が、俳優の岡田健史(22)が、6月中旬に関東の繁華街で映画撮影に臨んでいる様子をスクープした。本作は人気ミステリー小説の実写化作品で、岡田にとって初主演映画だという。

「『女性自身』によると、昨年春に制作が発表された本作は、本来は伊藤健太郎(23)が主演予定だったそうです。しかし、伊藤の出演が白紙になり、白羽の矢が立ったのが岡田だといいます。そのため、今年6月にようやくクランクインしたそうです」(女性誌記者)

 伊藤は昨年に雑誌『日経トレンディ』(日経BP)で「2020年の顔」に選ばれるほどの売れっ子ぶりだったが、10月29日に、自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで警視庁に逮捕。今年3月に不起訴処分が確定したが、まだ本格的な復帰は遠い状況だ。

「本当に人気がピークのタイミングでの不祥事だったため、今回の岡田に限らず、多くの作品で代役を立てる事態になってしまいました。とりわけ大騒動となったのは、今年1月3、4日放送の木村拓哉(48)主演ドラマ『教場Ⅱ』(フジテレビ系)と、昨年12月5日に初日だった伊藤主演の舞台『両国花錦闘士(りょうごくおしゃれりきし)』でしたね」

■最新月9にも出る可能性があった

『教場』は伊藤が事故を起こした当時、すでに撮影済みだったが、「交通事故で相手を殺しかける」というシャレにならない役だったため、急きょ降板と代役で撮り直しをする羽目に。当該シーンは、ジャニーズWESTの重岡大毅(28)が演じることで事なきを得たが、放送をおよそ2か月後に控えていたタイミングだった。

『両国花錦闘士』は伊藤が主演だったが、本番まで1か月と1週間というタイミングで降板。本来はライバル役で出演するはずだった元宇宙SixでジャニーズJr.の原嘉孝(25)が主演を、ライバル役は追加キャストの木村了(32)が演じることになった。

「6月21日に波瑠(30)主演でスタートしたフジテレビの月9ドラマ『ナイト・ドクター』も、本来は田中圭(36)ではなく伊藤が出演する可能性があったといいます。ひき逃げの時点でまだ未公開だった作品は、こうして代役を立てたことでどうにかなりましたが、不安になってくるのが『今日から俺は!!』(日本テレビ系)の今後についてなんですよね……」(前出の女性誌記者)

■『今日俺』復帰の可能性もあるが…

『今日から俺は!!』は、18年10月クールに日本テレビ系で放送されていた福田雄一監督作品の連続ドラマ。伊藤と賀来賢人(31)のW主演作品で、伊藤が大ブレイクしたキッカケの1つとして知られている。

「当時の日本テレビで放送されたゴールデン・プライム帯の連続ドラマ3作品中で、唯一視聴率12%超えの回があった作品です。しかも、同年に同局・同時間帯に放送された全作品での全話平均視聴率も、本作が9.9%で首位を獲得。その勢いは衰えることなく、2020年7月17日にはSPドラマを放送し、さらに同日劇場版が公開されました」(映画ライター)

 劇場版の興行収入は、53.7憶円。『東宝の2021年2月期における主要稼働作品状況』で2位を記録する大ヒットとなった。日テレとしては、是が非でも続編を作りたいところだろう。

「続編にあたって、他作品のように伊藤を別の役者にすげ替えるのは絶対不可能ですね。あの役は、まさしく伊藤のためにある役ですから。実際、5月18日付の『東京スポーツ』は、伊藤の“今日俺復帰”の可能性を報じています。

 しかし、現実でシャレにならない不祥事を起こしてしまった伊藤が“ツッパリヤンキー”を演じるというのは……。いくらコミカルな演技や、迫真の名演技をしても、どうしても現実の出来事がチラついてしまいますね。最近では東出昌大(33)が、まさにそんな感じでした」(前同)

■東出という前例

 東出はドラマ『コンフィデンスマンJP』(フジテレビ系)で、お人好しな詐欺師“ボクちゃん”を演じていた。19年公開の劇場版『ロマンス編』で「最低な人間にもやっちゃいけないことがある。愛を弄ぶことだよ」というセリフがあったのだが、唐田えりか(23)との不倫が発覚後の昨年7月に同作が地上波初放送された際は、多くの視聴者から「お前が言うな!」というツッコミを受ける羽目になってしまったのだ。

「伊藤が逮捕された時期に公開していた映画『トンカツDJアゲ太郎』は、明るいコメディ映画で実際に見た観客からは好評だったんですが、《どうしても役者の一件を思い出してしまう》という声も少なくなかった。もし『今日俺』の続編を作っても、以前のように純粋に楽しむことが事実上不可能だと思いますよ」(前出の女性誌記者)

 復帰しても、純粋な目で見てもらえない。役者としてはマジメだった伊藤にとって、これ以上なく辛いことかもしれないーー。

関連リンク

  • 6/23 11:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます