スペイン代表主将ブスケツも反応…元オランダ代表OBの発言について「とても恥ずかしいこと」

拡大画像を見る

 スペイン代表MFセルヒオ・ブスケツ(バルセロナ)は、元オランダ代表のラファエル・ファン・デル・ファールト氏が発したコメントを見過ごせなかったようだ。22日に、スペイン紙『マルカ』が報じている。

 スペイン代表の主将を務めるブスケツが反応したのは、現在、『オランダ放送協会(NOS)』でEURO2020の解説者を務めているファン・デル・ファールト氏のコメントだ。同氏は、グループステージで2戦連続ドローと調子の上がらないスペイン代表について「本当にひどいね。できれば、僕ら(オランダ代表)が彼らと対戦することを望むよ」と批判。「あのチームには何もない。彼らがやっていることと言えば、一方のサイドから逆サイドへと横パスを通すだけ。ラストパスを供給する方法を知っている選手が誰一人いないんだ」とも発言していた。

 21日には同国代表MFコケ(アトレティコ・マドリード)がファン・デル・ファールト氏の発言に応戦するコメントを発していたが、ブスケツも怒りを隠そうとしなかった。

「元選手である彼が、一時の注目を集めるためになぜあんなことを言うのか理解できない。とても恥ずかしいことだと思う」

「彼は自分のことを脇に置いて話をしているね。彼のキャリアの中で起こった様々な衝突を持ち出して、人としてさらに彼を貶めることもできるだろうけど、僕はそんなことをするつもりはない」

 スペインは23日、セビージャの『エスタディオ・ラ・カルトゥーハ』でスロバキアとのグループE最終節を戦う。

関連リンク

  • 6/23 10:52
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます