人気ラッパーがお手柄。自殺しようとしていた男性を説得して救う

拡大画像を見る

 イギリスのラップグループ「N-Dubz(エヌ・ダブズ)」の元メンバーで、現在はソロとして活躍中のダッピー(34)。先日、ロンドン市内である男性の命を救ったことが話題になっている。橋から飛び降りて死のうとしていた男性を思いとどまらせたという。

◆橋が封鎖され、その場から離れようとした。そのとき……

 当日、市内中心部にある巨大な橋「タワーブリッジ」付近で撮影を行っていたというダッピー。そのうちに、警察車両や救急車が次々に出動し、現場は物々しい雰囲気に包まれたという。

 当時の状況を知る人は、英タブロイド紙『ザ・サン』にこう語る。

「ダッピーはタワーブリッジの近くで新作のミュージックビデオの撮影をしていたんですが、大量のパトカーや救急車が集まってきたんです」

「橋は閉鎖され、ダッピーもその場から離れるよう警察に指示されました」

 そんなとき、ダッピーはある光景を目にすることに。

「その場を離れようとしたとき、1人の若い男性が、自分の名前を叫んでいることに気がついたのです。男性は、テムズ川の真上にあるアーチに危なっかしい体勢で座りながら、必死に自分に手を振っていたのです

 その男性はダッピーの大ファンで、本人を前に興奮が抑えきれなかったようだ。そして救助に来た警察にも、自分の気持ちを伝えていたそうだ。

「男性が警官にファンだと伝えたそうで、ダッピーが説得を試みることになったようです」

 その男性が自分のファンだと知ったダッピーは、現場の警官と話し合ったうえで、封鎖された橋で説得にあたることになった。  

◆10分くらい会話を交わし、男性を思いとどまらせた

 街の中心部を流れるテムズ川に架かる巨大な橋「タワーブリッジ」。もし、男性がここから飛び降りていたとしたら、一大事になったことだろう。

 しかし、ダッピーの説得により、その最悪な事態は免れた。

「2人は10分くらい会話を交わしました。ダッピーは素晴らしかったですよ。『人生は美しいもので、状況はきっと改善するから』と説き伏せ、男性を思いとどまらせたのです

「その結果、男性は救助隊に手伝ってもらって、橋から下りることになったそうです」

 現在27歳だというその男性は、救助された後、念のため病院に搬送されたが、すでに退院しているという。

 ダッピーは後日、男性と家族から「あなたは絶対的なヒーロー」と記された感謝のメッセージを受け取ったそうだ。

<文/BANG SHOWBIZ、女子SPA!編集部>


関連リンク

  • 6/23 8:44
  • 女子SPA!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます